Phantasy Garden

レッドハットがCentOSでの批判を受け、開発・小規模本番ワークロード向けの無償RHELを用意(srad.jp)

RHELの無償利用可……。まぁRHLの時代に戻るような判断ですけど、開発規模による差はありそう。RHLの時はまだそんなに使い込んでなかったので間違っているかもしれませんが。ともかく個人ユースくらいであれば、選択肢としてCentOSから無償RHELに乗り換えるという選択肢はできたということかな。

ただし条件としては”個人であること”が条件っぽいので、仕事場での少人数用途には結局ライセンスを買わないといけないし、そういう用途にRHELライセンスは負担が大きすぎるので無し。仕事場で使わないとなれば、個人ユースとしても趣味以外で導入することはなし。手元で色々チェックするのに、システムが違うとなかなかうまく行かないのは経験済みだし……。ということで、なんというか『コレジャナイ』感が強いのは否めない、ってとこですか。

まだRH社としては無償ライセンスの形態を色々用意しているようですけど、上記の少人数用途に合わないようだったら無償RHELクローンか、Ubuntuとかに乗り換えだなぁ。CentOS7のサポートが効いているうちに、そのあたりの評価が固まってくれると乗り換える時に楽になるから嬉しいんだけど、果たしてどうなることやら。

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Twitterアカウント: spherewind1(twitter.com)

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links