Phantasy Garden

最高裁、テレビ受信装置設置者への受信契約義務付けは合憲と判断(srad.jp)
NHK受信料「合憲」=テレビ設置時から義務-「知る権利を充足」最高裁が初判断(nicovideo.jp)

テレビを設置したものはNHKと受信料の契約を結ばなければならないという放送法の違憲性について、最高裁がついに判断を下しました。結果は合憲。これはまぁ事なかれ主義な日本の裁判事情を考慮すると予想通りという感じですが、弁論も開いたのに結果が変わらないということである種異例ではあったようで。仮に違憲で放送法の該当項が無効であれば、おそらく相当数の受信料契約が無効になるわけで、受信料の返還裁判が多発してもおかしくない。それを忌避した結論ありきの結果、と皮肉ることもできますけどね。

内容的にはNHK側有利の判断が下ったみたいな報道をしてますけど、NHKが求めていた受信料契約を求める書簡を送付するだけで契約を強制できるという主張も退けられたので、結局のところ契約を拒否している世帯に対しては個別に訴訟を起こし、その裁判での勝訴を以て契約とするしかないというNHK側としては面倒な手続きも確定しました。それは即ち、受信料の契約義務に関する立証責任はNHK側にあるということで、いつからテレビを設置していたのかを裁判で根拠を示しつつ明らかにしなければならない、ということですね。なぜならテレビを設置していない世帯に契約を迫れば、それは違法なので契約は無効。ただし、被告となる世帯側がNHKに進んで協力するはずもなく、テレビの設置をいつからしていたかをNHK側が知りようがないわけで。仮に現在テレビの設置を確認できたとしても、「昨日買いました」と主張する被告の証言を否定できなければ、当月分の受信料しか支払われないことになります。ということは、今後も今までと同様、NHKに対して何らかのアクションを起こした世帯(NHKの番組にあるお知らせを消す旨の通知にアクションを起こした、等)しか直接的な裁判を起こすのは難しいかと。

勿論、そういった記録が残っている世帯への訴訟に対する準備は簡略化できるようになりますし、簡易裁判くらいで済むようになるかもしれません。現在裁判で争っている世帯が諦めて契約を結ぶことはあるかもしれませんが、これを以て今まで契約を消極的に拒否(黙秘)していた世帯が契約を結ぼうとなるかは不明ですね。この裁判結果をかさに着て強圧的に契約の対応を迫れば、より一層NHKに対する反感を生むことになるでしょうし、それは放送法の大改正へと引き金を引くことになるかもしれません。これだけネットニュースや情報インフラが整ってきている時代に、果たしてNHKだけを特別視する放送法が今まで通りでいいのか、という問題提起は必要でしょう。

そういえば、以前のログで携帯電話のテレビ放送の受信機能を以て受信料契約を迫るといった話もありましたが、今調べてみたら明確に「設置にはあたらない」旨の結論(kokusen.go.jp)が出ているようです。放送法では「テレビ等の受信設備を設置した者」が契約義務を負うものであり、放送法の別項で「設置」と「携帯」を明確に使い分けているので、携帯電話の所持を以て受信料契約の義務を負うものではない、ということです。携帯電話しか持ってないのに「契約の義務があります」とか抜かすNHK集金人は、下手したら詐欺の可能性もあるので、十分に注意が必要ですね。とりあえず、今後もNHKの動向は注視していく必要はありそうです。

2017年12月4日~12月5日 第30期竜王戦七番勝負 第5局 渡辺明竜王 対 羽生善治棋聖(shogi.or.jp)

うおぉぉぉ……。ついに羽生さんが竜王奪取。通算7期で永世竜王、そして永世七冠。現役引退後に称号の位の高い冠位を名乗るのが基本(永世名人、永世竜王等)ですが、前人未到の記録で永世七冠とか名乗ったりするんですかね……? 永世七冠と名乗ってほしい気もしますが、俗称という感じでもそれはそれで。

ニコニコ生放送で流し聞きしてましたが、最後はつい見入ってしまいました。4五銀からのぶっつけからの攻め構想が凄すぎた。今後も羽生さんの棋譜が楽しみ過ぎる。

タイトルの「しゅうねん」を変換しようとすると、「執念」が先に出るのは真理かもしれない、と思う管理人の悠でした。何事も続けるのは執念だよねー、と思います。いやまぁ、ほぼ月一状態のブログで何を言ってんだとも思いますけども。今年もドメイン更新手続きをして、ぼちぼち続けていこうと思います。

しかし、今年はホントにブログも書けてませんね。梅雨あたりは本気で仕事に忙殺されていたので、ネタがあっても書く余裕はありませんでしたが、いまさらになって書くのもなぁとも思います。けものフレンズ面白かったわーとか。いやあれは春のアニメだったか。どちらにしろ時期を外してますね、すんません。

最近の個人的な話題としては、野球肩。今年の春あたりに野球で肩を痛めてたんですけども、仕事の忙しかった梅雨を過ぎてもまだ肩が痛い。日常生活やキャッチボール程度なら大丈夫なんですけどね。ということで、久しぶりにスポーツ整体行ってみたら肩甲骨周りの筋肉がバッキバキに固まっていらっしゃるようで、ボールを思い切り投げようとすると、肩関節が筋肉を挟んでしまうようで。いわゆるインターナルインピジメントというやつですね、一番ありがちな野球肩。

肩が痛くなる原因は分かった、それじゃ治療は、となると、根本原因は座位姿勢の悪さでした。猫背のように肩を丸めて座ってしまう癖がついていて、肩甲骨が外に広がってしまい、背中の筋肉の一部が常に緊張した状態になっているようです。ついでに首周りの筋肉まで固まってしまっているので、そりゃ全力でボールを投げようとしたら肩関節がひっかかりますわ、という感じですね。肩ばっかり気にしてたけど、首回りや背中を触られてはじめて気づく筋肉の凝り。

週2回程度の通院治療でなんとかなるようですけど、よく今まで姿勢悪くとも投げられてたなーと思います。いやしかし、そういえば以前はちょくちょく整体で肩回りをバキバキ治してもらってましたね……。しばらく行かなくなってたからか。と考えれば、意外と納得。もう無理が効く体じゃなくなってきてるんですわー、と16執念のログを〆させていただきます。

久々のブログ書き。一つ前の記事を書いたのは梅雨入り前でしたが、梅雨明けどころか既に残暑ですね。筆不精で本当に申し訳ない。管理人の悠です。

ざっくりと近況を申し上げますと仕事に忙殺されてました、の一言なんですが、特に7月下旬に大きな山場がありまして。まぁその余波で8月上旬も後片付けをしつつ通常業務をこなしていたんで、ようやっと落ち着いてモノを考えられるようになったのが最近というわけでありんす。次の〆切が8月末ごろに控えているので、すぐに忙しさは元に戻る?でしょうけども。

閑話休題。今日の話題はこのニュース。

世界各国の科学技術活動調査、日本の論文数は世界第4位に低下(srad.jp)
ポスドク追跡調査、1年後に大学教員になれたのは1割未満 所属機関との「雇用関係なし」も13%(nicovideo.jp)

上の記事は、最近の日本の科学競争力は低下していることを言ってます。分野の差は多少あれど、論文を出してナンボの科学業界では、論文数が低下していることは科学的な面での競争力が低下していることに直結してます。記事のコメントにあった、近年の日本で論文数が低下していった理由を分析したスライドが興味深い。結局、日本の科学をリードする研究所・大学における資金不足がモロに影響しているんですが。基礎科学への「投資」を、お役人様方が「浪費」と判断されてしまうようでは、資金不足に陥るのは自然。基礎科学なんて一朝一夕で儲かるようなもんでもないし、産業との競争力なんてありゃしませんしね。重要だとは言われていますが、日本ではどうも掛け声倒れになっているような気もします。

次いでその次世代の日本の科学を担う科学者=ポスドクの追跡調査によると、安定雇用とされる大学教員への転換に成功した人は1年間でおよそ1割。大多数は非正規雇用となる任期付きポストで、死亡・不詳者も1割強存在するという殺伐とした世界です。数年の任期付きポストの雇用期限が来たら、次のポストを探さざるを得ない。探している間も業績は積まないといけないし、しかも次のポストが必ず見つかる保証はなく、ドロップアウトすることになる可能性もなきにしもあらず。それでいて高給取りかというとそうでもなくという、客観的に忌憚なく意見を述べれば、なんでそんな職業にしがみついてるの?と言われんばかりの待遇ですね。そりゃ景気が良くなれば科学者に魅力を感じる人は少なくなるし、博士課程に進む人も減りますわ。

教育は国家百年の計、とも言いますけど、基礎を疎かにすると百年先まで響くんですよね。他人事ではないのですが、一人の力で変えられるもんでもないし、こんなところで愚痴にも似た戯言を書き散らすしかないわけでして。

DeepMindの囲碁AI「AlphaGo」、引退へ(srad.jp)

またAIか……と呆れられるかと思いますが、またです。というかここに書きそうなコンピュータ系の話題で、最近のトレンドは猫も杓子もAIなんですよねー。ちょっと前の「ビッグデータ」もそうでしたが、今のバズワードといっていいくらいです。AIでできること、できないことも大分分かってきたらしいですし、「できること」に入っていてかつホットな話題はこんな感じですぐにニュースに取り上げられるようでして。

さておき、そのAIで囲碁界に衝撃を与えたAlphaGoが引退だそうです。最後のプロ棋士対戦で、人類最強とまで言われた柯潔九段に3戦全勝。これ以上のプログラム開発はやらん、てことですかね。チームも解散するようですし、Googleとしてもプロ棋士のレベルを超えて目的は達成したという感じでしょうか。

ほんの数年前までは、囲碁でコンピュータが人間に勝つなんてまだまだ先の話、なんて言われていましたけど。ブレイクスルーというのはまさに一足飛びで業界を変えてしまうくらいのもんなんですね。将棋も人が勝てる範囲を超えてきているようですし、あとはコンピュータの計算資源で勝負が決まるくらいなのかもしれません。最終的に、こういったテーブルゲームは先後のどちらかが必ず勝つというところまで解明されれば、ゲーム研究としては終わるんでしょうかね。

そういえば電王戦も終了して、新しく叡王戦(shogi.or.jp)がタイトルとして決まったそうです。新規の将棋タイトルは34年ぶりとのこと。これを聞いてまず思ったことは、羽生さんが永世七冠をとる前に八冠目ができてしまったか、ということでしたが。今までのAI将棋とは関係なく、持ち時間1時間の早指し勝負という感じなんですね。ドワンゴ主催なんで、そのうち棋譜とかもニコニコ動画とかで見られたりするようになるでしょうから、それに期待しておこう。

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links