Phantasy Garden

『FFタクティクス』松野泰己✕『FFXIV』吉田直樹対談──もはやゲームに作家性は不要なのか? 企画者に求められるたったひとつの資質とは?(nicovideo.jp)

非常に興味深い記事。FFTは個人的に色々な意味で人生を変えたと言っても過言ではないくらい、エキサイティングなゲームでした。当時の自分には単純な勧善懲悪的ストーリーよりも、歴史に埋もれた主人公の秘話という語り口が刺さったというべきか。そんなFFTのプロデューサーである松野氏と、FF14をゼロから立て直した吉田氏の対談。FF14のほうはオンラインゲームなので全く触ってなかったのですが、FFTコラボがあるとかマジかよぉ!ってつい口にしてしまいました。あのBGMを聞きながら、松野氏をモデルにしたキャラが語るイヴァリースとか最高じゃねぇか。俄然興味沸いたんですけど、オンラインゲームかぁ……と二の足を踏んでいるところです。今はWoWsメインでやってるしね。

単純に松野氏や吉田氏が制作したゲームの裏話というだけでなく、ゲームプランナーとは、というのが垣間見える良い記事です。FFT制作当時の企画書が覗けたりしますがメチャ貴重ですやん。というかここまで企画段階で見えてたのね、というのが素直な感想でした。個人的にゲームを作ってみたい、ゲーム製作本のサンプルとかの細々としたゲームを作っては捨て、という感じの立場なんですが、本当にゲームを作るとなったら、こんな風にイメージを確立させることが大切なんですね。記事中ではビジョンを明らかにするという表現でしたが、そうか、企画段階でこんなに最終形が見えているなら、FFTのあのシステムの完成度が当時の他ゲームと段違いだったのも頷ける話ですわ。

タイトルにもあるゲームの作家性というのも、ソシャゲが普及した今ではあまり馴染まないのも理解できます。実際、RPGとかの作家性がふんだんに盛り込まれているであろうゲームは、最近全然触らなくなってしまったんですよね。小説を読むことはあっても、ゲームでクリアまで長時間かかるものは食指が動かない。時間的な余裕のなさからくるものと、今のゲームでそういった面で刺さってくるゲームが、ないことはないんでしょうが、昔ほどには感じないことが大きな原因でしょうか。経験の少なかった子供時代と比べれば、そりゃ今は感動が薄くなるのもしょうがない。だからゼロでもいい、とは決して思いませんが、重要度は低くなっているんでしょうね。

FFTの裏話要素もあり、ゲーム製作に関する小話あり、良記事でございました。

ワンセグのNHK受信料「契約義務あり」ユーザー逆転敗訴、東京高裁で3連敗(bengo4.com)

最近本業および副業に忙殺されて2か月ほどほったらかしになっていたブログですが、何度かこのニュースは記事で取り上げているため、経過は報告せねばなるまいと思い。NHK受信料契約裁判の一つ、「携帯電話に付随するワンセグ機能はNHK受信料契約義務を負うか?」というもの。記事中にもありますが、一審では義務なしとなっていた判決が二審で逆転されました。というのも、その他の地裁で義務有りとする判決がいくつか出ていて、義務なしと判断されたのがこの一審判決のみだったという。判決内容は、上記記事から引用すると、次のようなものです。

また、一審では判断されなかった、ワンセグ携帯が受信契約の必要がない「放送の受信を目的としない受信設備」(放送法64条1項ただし書)に当たるかどうかにも言及があった。ユーザー側は電話やネット機能を目的としているため、放送の受信を目的としていないと主張。これに対し、判決は設置者の主観的な目的ではなく、客観的に判断すべきとし、ワンセグ機能でテレビを視聴する人も「相当数いる」ことから、契約義務があるとした。(引用:bengo4.com)

ワンセグで視聴する人が相当数いるから契約義務がある……というのがなんとも腑に落ちない。これは逆に、ワンセグによる視聴者が減れば契約義務がなくなると言ってるんですかね? 人数の基準も示さない、そんな”客観的な”指標で契約義務があるというのがなんともはや。これはまぁ、ワンセグ機能をOFFにした携帯電話がビジネスチャンスになりそうな予感。日本の司法はiPhone人気を猛pushしたい様子で。原告の方は上訴の意思があるようですが、果たして結果はどうなることやら。

また、NHK受信料とは関連がないんですけども、放送に関する制度改革が発案されているようで。

政府の放送制度改革、放送への規制撤廃という方針(srad.jp)

まぁ既に色々偏った見方が既存のマスメディアに蔓延っているのは公然の秘密という感じなので、制度改革で明言してくれたほうがむしろ視聴者には良いような気がするので個人的には賛成ですが、放送内容に左右される一定層がいることも頭には置いておかないといけないよなぁ。

年明け以降、SteamでぼちぼちやっているWorld of Warships (WoWs)(worldofwarships.asia)というゲームが個人的にツボった。一言でこのゲームを言い表すと、なんでしょうか、あまり似たようなゲームをやったことはないので例えがあっているのかわかりませんが、リアルタイムストラテジー的な要素を含むオンライン対戦軍艦ゲーム、なんでしょうか。まぁ、Warshipsというんだから軍艦が出てくるのは当然ですが。知っている人からすれば、一周回ってなんでこんな時期に始めとるん?と思われるくらいに遅い参加。スマホ版もあるのですが、スマホゲームはポケモンGOくらいでちょうどいいと思っているので、ゲームをするならがっつりPCでやりたい派。

オンライン対戦なので敵をバッタバッタとなぎ倒すような爽快感はありませんが、チームでの連携をとれるような位置取りを考えつつ、多様な攻撃を繰り出して、戦術・戦略勝ちを狙うという感じですかね。大きく分けて、駆逐艦、巡洋艦、戦艦、航空母艦の4種類があるのですが、それぞれ強みと弱みがあるので戦略でうまく弱点をカバーしながら長所を押し出していくのがキモとなるようです。具体的には、駆逐艦は見つかりにくく、機動性が高く、一撃の威力が高い魚雷を繰り出していくのですが、発見されて袋叩きにされるとすぐ沈むくらいに耐久力がないのでいかに生き残るかが重要。戦艦は鈍足ですが、砲撃の威力が抜群で耐久力も随一なので、戦線を構築するには最適。巡洋艦は駆逐艦と戦艦の間のような砲撃性、機動性、耐久力ですが、いろいろやれる万能性と器用貧乏的な一面が同居しうる艦という感じですかね。さらには艦種が同じでも所属国別に特徴があり、また追加装備等のセットアップ次第では全然別の立ち回りが必要な艦になったりもします。空母は別ゲー過ぎてまだ触れてないので割愛。

2018-01-20 WoWs

とりあえずゲームが始まると、上のような港から始まります。詳しいゲーム内容はWoWsの公式ホームページ(worldofwarships.asia)やWoWs Wiki(wikiwiki.jp)でもリンクするとして、個人的雑感を。まぁ、始めてから2週間ほどなのでまだまだ全然ひよっこなのですが、今のところ戦艦や巡洋艦での成績が良いようです。というより、駆逐艦がダメすぎてまだ立ち回りがわからなさすぎる。NPCを相手にするゲームモードと対人戦となるゲームモードがあるのですが、今のところ駆逐艦はNPCばっかりですね。それでも、まだ駆逐艦の仕事ができている気がしない。統計的には魚雷による雷撃戦より、砲撃戦のほうが勝率が高いという感じですね。魚雷を出し惜しみして使うことなく撃沈される悲しみ。個人的には日本軽巡の球磨あたりが使いやすく思います。まぁ軽巡という選択からしてトリガーハッピーですわ。

なんでいきなりWoWsなんかやり始めたのかというと、軍艦に思い入れがある、ということもなく。エピソードも特にないのですが、ニコニコ動画でゲーム実況を眺めるのが最近の暇つぶしでして、そこでいくつか眺めてたらなんか面白そうと思ってですね。ちょうどSteamを入れてなんかやりたいなーと思ってたところに、Steam版が昨年11月にリリースされてですね。正月休みあたりから、じゃあちょっとやってみるかとインストールしてみたわけです。基本プレイは無料、いくつかの優遇措置が有料、というオンラインゲームにありがちな課金システムですね。Pay to winというほど課金システムが優遇されているわけでもないので、無料の範囲内でぼちぼちやってます。

ゲーム中でのアカウント名は一応隠してますが、見る人が見たら一発でバレるアカウント名なので、戦場で敵として出会ったらお手柔らかに。味方として出会ったら、まぁ、その、なんだ、あまり期待せんでほしい。

今年も早、残すところ1時間とちょっと。今年は色々、本業の方が新しい段階に入っていたので、なかなか趣味の方で新しい領域に手を出すのは難しい感じでした。とはいっても、Steamとか触ってみたいのでダウンロードして準備中です。年末年始の休みにちょっとやってみたいゲームがあるんスよね。ぐへへ。

来年は、口を出せても手が動いていない創作活動もそうですけど、もちっとエンタメを享受していくのもえぇかなーと思ってます。自分で作るだけがエンタメの楽しみ方でもないし、もうちょっと気楽に趣味の活動をしていくべきかと。まぁ、それ以上に本業のほうも予想できない忙しさになりうるんで、何ができるかは出たとこ勝負。

それでは、よいお年を。

最高裁、テレビ受信装置設置者への受信契約義務付けは合憲と判断(srad.jp)
NHK受信料「合憲」=テレビ設置時から義務-「知る権利を充足」最高裁が初判断(nicovideo.jp)

テレビを設置したものはNHKと受信料の契約を結ばなければならないという放送法の違憲性について、最高裁がついに判断を下しました。結果は合憲。これはまぁ事なかれ主義な日本の裁判事情を考慮すると予想通りという感じですが、弁論も開いたのに結果が変わらないということである種異例ではあったようで。仮に違憲で放送法の該当項が無効であれば、おそらく相当数の受信料契約が無効になるわけで、受信料の返還裁判が多発してもおかしくない。それを忌避した結論ありきの結果、と皮肉ることもできますけどね。

内容的にはNHK側有利の判断が下ったみたいな報道をしてますけど、NHKが求めていた受信料契約を求める書簡を送付するだけで契約を強制できるという主張も退けられたので、結局のところ契約を拒否している世帯に対しては個別に訴訟を起こし、その裁判での勝訴を以て契約とするしかないというNHK側としては面倒な手続きも確定しました。それは即ち、受信料の契約義務に関する立証責任はNHK側にあるということで、いつからテレビを設置していたのかを裁判で根拠を示しつつ明らかにしなければならない、ということですね。なぜならテレビを設置していない世帯に契約を迫れば、それは違法なので契約は無効。ただし、被告となる世帯側がNHKに進んで協力するはずもなく、テレビの設置をいつからしていたかをNHK側が知りようがないわけで。仮に現在テレビの設置を確認できたとしても、「昨日買いました」と主張する被告の証言を否定できなければ、当月分の受信料しか支払われないことになります。ということは、今後も今までと同様、NHKに対して何らかのアクションを起こした世帯(NHKの番組にあるお知らせを消す旨の通知にアクションを起こした、等)しか直接的な裁判を起こすのは難しいかと。

勿論、そういった記録が残っている世帯への訴訟に対する準備は簡略化できるようになりますし、簡易裁判くらいで済むようになるかもしれません。現在裁判で争っている世帯が諦めて契約を結ぶことはあるかもしれませんが、これを以て今まで契約を消極的に拒否(黙秘)していた世帯が契約を結ぼうとなるかは不明ですね。この裁判結果をかさに着て強圧的に契約の対応を迫れば、より一層NHKに対する反感を生むことになるでしょうし、それは放送法の大改正へと引き金を引くことになるかもしれません。これだけネットニュースや情報インフラが整ってきている時代に、果たしてNHKだけを特別視する放送法が今まで通りでいいのか、という問題提起は必要でしょう。

そういえば、以前のログで携帯電話のテレビ放送の受信機能を以て受信料契約を迫るといった話もありましたが、今調べてみたら明確に「設置にはあたらない」旨の結論(kokusen.go.jp)が出ているようです。放送法では「テレビ等の受信設備を設置した者」が契約義務を負うものであり、放送法の別項で「設置」と「携帯」を明確に使い分けているので、携帯電話の所持を以て受信料契約の義務を負うものではない、ということです。携帯電話しか持ってないのに「契約の義務があります」とか抜かすNHK集金人は、下手したら詐欺の可能性もあるので、十分に注意が必要ですね。とりあえず、今後もNHKの動向は注視していく必要はありそうです。

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links