Phantasy Garden

受信料裁判でNHK敗訴 秘密兵器「イラネッチケー」を開発した筑波大准教授に聞く(news.yahoo.co.jp)

NHKが映らないTVを開発している筑波大准教授へのインタビュー記事。これまでNHKと裁判で争った記録(正確にはこの准教授が争ったわけではない)とか、今回の判決に至る要諦とか。重要と思われる部分を引用。

――「イラネッチケー」はネット(現在5800円)でも販売されているが、取り外しができるようにしては、ダメということだろうか。

掛谷:そういうことになります。そのため、「NHKから国民を守る党」の立花孝志さんは、テレビの後ろのアンテナ端子に「イラネッチケー」を取り付け、接着剤で固めて裁判に挑みましたが、NHKから「外せる」と指摘されて敗訴しました。また、彼はアンテナコンセントを開けて壁の中に「イラネッチケー」を埋め込むという工事をし、「素人には外せない」と裁判で主張しました。しかし、NHK側に「設置業者に依頼すれば元に戻せる」と主張され、再び敗れています。今回、原告の女性はネットで「イラネッチケー」のことを知って、私に相談してきました。そこで、絶対に外せないようにするために協力しました。

――どんな加工をしたのだろうか。

掛谷:外からは触れぬよう、テレビの中に入れ込みました。そしてアクリル板とアルミ箔を重ねた板で、テレビのチューナーと「イラネッチケー」を覆う枠を作り、その中にエポキシ樹脂を流し込んで固めました。電波を遮蔽するために樹脂の間にはアルミ箔を重ね、その上からさらに樹脂で固めました。例え外そうとしても、テレビが壊れるように加工したわけです。

これを見るに、前回のログで言った「素人だと外せない」というより、「外そうとすると物理的に壊れる」というのが重要っぽいですな。そのうえで電波遮蔽も十分に行い、同軸ケーブルをチューナーに近づけた程度ではNHKは映らない、と。NHKもこれを真似して似たようなTVを作って試し、「(条件を整えれば)映る」と主張していたようですが、所詮猿真似ではシールドが甘く、裁判では信用されなかったようですね。それでもNHKは抵抗していたようですが、『民放が映るんだからNHKを受信できる設備に当たる』っていう主張はどう考えても無理筋でしょ……。

こうなると、本格的にメーカーが作る『NHKが映らないTV』というものに対する潜在的需要を掘り起こせば、商品価値として十分なものになる気がしますね。NHKは控訴するようですが、はてさて。

NHKが映らないテレビには「受信契約の必要無し」との判決(srad.jp)

お、NHK関係の裁判は視聴者側の不利になる判決が続いていたのでモヤってましたが、中々興味深い判決が出た模様。NHKの放送信号のみを減衰させるフィルターを取り付けたテレビを買い、このテレビの設置についてNHKとの受信契約義務がないことを確認したというもの。NHK側は「ブースターを付ければ」「再改造すれば」という論理で抵抗したようですが、裁判所は認めなかったようですね。

ただし要点として、「自分自身が改造できる知識・技術を持ち合わせていない」ことが肝要で、自分で同様にNHKの放送信号を減衰させるフィルターの設置・改造技術を持っている人は当てはまらなさそう。この裁判を起こした原告女性は、NHK信号減衰フィルタと一体型のテレビを買ったというだけでブースターの設置等は行えないということで、裁判所側も認めているようです。知識や技術を持たないことが良いことなのか、という反発もありますが、「路上の喧嘩で正当防衛を成立させる要件は、ボクサーは一般人よりも厳しい」という論理に近いものがあるかと。そういった知識・技術を持っている人には、相応の責任が求められるってのが今の法律の構成ですね。技術を持つかどうかを証明するには、ボクサーライセンスを持っているかどうかよりも客観的な証明が難しいですが、それを証明する義務を負うのはおそらくNHK側でしょう。

この判決は面白いので、成り行きはちょっと追ってみたい。

新型コロナ接触確認アプリで発見された不具合、OSS利用をめぐる議論にまで発展(srad.jp)

珍しく連続更新。アプリ開発について、ちょっと思うことがある記事でした。

新型コロナウィルスが世間を騒がせていますが、これに関するアプリ開発でひと悶着あったようで。具体的な話はリンク先の記事のほうを追っていってもらいたいのですが、問題点をかいつまんでいえば、アプリの不具合について開発者が叩かれた結果、その開発を止めてしまうことになったというもの。これがなんで問題なのか?ということですね。

このアプリ、開発の経緯がややこしくて、始めは完全ボランティアで作っていたようです。そして全く別のプロジェクトがこけた結果、このアプリに白羽の矢が立ち、政府肝いりのアプリ開発委託案件になったっぽいですね。委託として提示された〆切が3週間とかいうふざけた〆切でしたが、なんとか形にしてプレ評価版をリリースした結果、報道で「プレ評価版」という言葉が抜け落ち、バグだらけで使えたもんじゃないという酷評をアプリ開発者がダイレクトに受けることになってしまい、開発者が萎えてしまったというのが話のオチ。

問題点はいくつかありまして。ざっと挙げると、『アプリ開発の期間の短さ』『リリースに関する不手際』『開発者へのダイレクトな酷評』という感じでしょうか。まず開発期間の短さは噴飯物で、ボランティアレベルの開発体制なのに〆切が3週間というデスマーチクラスの難物。アプリの機能をざっと眺めましたが、むしろ3週間でよくそこまで持っていったもんだと思うくらいでした。次にリリースに関する不手際ですが、これは開発を投げたクライアント側が色々勝手に決めてプレスリリースしてしまうという典型的お役所仕事、嘲笑レベルのもので、しかもプレ評価版・ベータテストアプリであることが抜け落ちるという始末。これを以てバグだらけで使えたもんじゃないアプリ、と言われても、開発側としてはそりゃそうですよと言いたくなるでしょうな。実地で試してもらって、バグだしを修正していくバージョンのアプリに何をかいわんや。

アプリ開発者側の視点に立てば、デスマーチクラスの仕事をなんとか形にしてまとめあげてみれば返ってきたのは怒号と罵声、となればそりゃやる気も何もかもなくなるってもんです。問題点を粛々と指摘してデバッグに協力するならまだしも、開発者への人格攻撃とか、誹謗中傷となんら変わりないですからね。ボランティアレベルでそこまで耐えなくてもいいし、耐えるもんじゃないと思います。

ただ疑問に思うのは、ボランティアから委託案件へと移った時に、諸々の問題に対するすり合わせはなかったんだろうか?ということ。アプリ開発期間の短さを断れなかったかとか、プレ評価版をリリースすることへの説明の補充とか、個人への人格攻撃が出ないようにするべき配慮とか、どこかで歯止めをきかせられるセーフティがなかったんかなーとは思います。大本がボランティアでスタートして、開発者がメーカー所属で、そのメーカーが下請けになって、という複雑な事情で始まっている感じなので、表に出せない情報とかもあるのかもしれませんが。

それはともかく、開発者への個人攻撃は傍から見てもみっともないとしか言いようがない。そんなことして解決するわけでもないし、デバッグ情報なら適切なルートで報告すればよろし。完璧なソフトウェアしか許さないみたいな物言いは呆れるばかりですが、そういう認識の人が多いのもまた事実なんですよね。日本の風土病ともいえるかもしれませんが、減点方式の評価システムとその評価しか許さない感性はどうにかならんのかな……。

TOP500や「Graph500」など4つのスパコン性能指標で富岳が世界一を達成(srad.jp)

単純な演算性能を競うTOP500だけでなく、実用的な演算性能を競うGraph500や消費電力の少なさを競うGreen500も世界一。このあたりはARMをベースとした独自CPUの性能が大きいみたいですね。なぜわざわざ独自CPUにしたのか?という疑問に、分かりやすいコメントがあったので転載させてもらおう。

by kmra (33703) on 2020年06月24日 22時48分 (#3839747) 日記

スパコン一般の話も入っていますがこんなところが普通のCPUから強化されています

  • 高い演算性能を出すために、浮動小数点演算のベクトル拡張が入っている(4オペランドFMA、プレディケーション付きとのこと)
  • メモリレイテンシが大きいところでも高いメモリ帯域が出せるようにハードウェアプリフェッチとか、ベクトル長を大きくしているとか
  • 複数CPU間で動作を同期するための時間を短縮するハードウェアバリア機構が入っているとか
  • 故障検出やエラーリカバリ機能を強化して、スパコンとして沢山CPUを並べてもシステムとして成り立つようにしているとか

最近のスマホや任天堂SwitchもARMベースのCPUを採用しているし、Intelばっかりじゃないんだなーという感想。むしろPCくらいなのかIntelは。スパコン(HPC)向けのCPUもARMベースが基本となったら、PCもそのうちARMが主流になるんだろうか。その時Intelがどうするかだろうなー。

いつものやつ、ラスト。構想から一年かかりましたが、ついに完結。プレイ半年、動画編集半年で、初めてのTAS、シリーズ編集だった割にはまぁそこそこの速さでの完結ではないでしょうか。これからまたサブイベントとかやるんで、まだもうちっとだけ続くんじゃけどな。

ミュロンド以降のボス戦がぐだってしまっているのが難点ですけど、個人的にはアルテマ戦が結構綺麗に〆られたかな?と思ってるんで、それなりに満足。なんとか1000クロックも切れたしね。動画編集中に更新案が色々浮かんで、950クロック切れそうなラインまで来てるけど。再走はいつになることやら。とりあえず、他のゲームもやりたいし、FFTでも制限プレイやってみたい。

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Twitterアカウント: spherewind1(twitter.com)

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links