Phantasy Garden

楽してライサント島シリーズ完結! 最小ターンでのクリアプレイ+若干の劇場要素動画でした。途中でTRPGシリーズ作成したのもあって、半年以上の投稿期間になってしまいました。グダりかけてたのもあって投げだしだくなったけど、なんとか終わらせられることができて良かった。

苦労したのはボイス読み上げ的な要素を入れたところ。FFTなどのプレイ動画では解説ボイスのみだったのでゲームプレイと同期させたりすることはなく、動画の時間だけでボイスの長さを調整すれば良かったんですが、シナリオに表示される台詞をボイス読み上げさせようとするとめちゃくちゃ大変。ある程度想像はしていましたが、想像以上の大変さだった。今回は琴葉姉妹のゲームだから、という要素があったのでやりきったところが大きく、この方式の動画はもう二度と作らないと思います。

あとは劇場的要素も入れたプレイ動画っていうのもアリかな?と思ったんですが、あとから見返してみると最小ターンプレイの印象が薄まってしまうからあまり良くなかったかも。あくまで最小ターンをメインにするなら、普通に解説動画にしていたほうが分かりやすかったんじゃないかなというのが反省点ですね。劇場とプレイだとどっちつかずになるか劇場主体の動画になってしまうのは、動画編集時に力を入れるのが劇場部分だからなぁ。あんまりてんこ盛りにせず、主張したいポイントにフォーカスすべきだったかも。

まぁ次から作る動画に反省点を活かすとして、今回のものを修正する気はないですが。次からはTRPGシリーズを何本か作りたいねぇ。

忙しさにかまけて、というのはいつもの言ですが、半年すっぽかしたのは久しぶりだな……。何もやっていなかったわけではなく、動画制作は地道に続けてました。CoCやったりSteamをのんびりプレイしたりといつもの様子なんですが、作って遊んでばっかりで宣伝してねェ……。

やりたいことは色々。今年になってからまたお絵描きにも手を出し始めたんですが、なかなか難しいねやっぱり。こっちはツイッターに載せられないような長い雑文書きがメインなのであんまり制作物を載せたりしなくなってきてるけど、気が向いたらそのうち載せるかも。ただやりたいことをやり散らかしているだけなので、ちゃんと続けられるかどうかが課題だなー。

とりあえず第1四半期が終わりということで、新年度からまたちゃんとやらなくちゃ。FFTの続きもしたいんだけどなー。

ネットで情報発信を始めて、今日で20年。最近はまたサボりがち、というか日常の記録はツイッターのほうに投げるようになったので、こっちには主として長文記事的なやつがメインになりつつあるだけですな。春からやってたTAS動画制作は少し前にフィナーレを迎えて、無事にシリーズ完結と相成りました。

20年目の話題がこんなもんでええんか?と思いつつ、日々の雑感とかはTwitterのほうがホント手軽に書き込めるので……。昔は頑張ってスクリプトを書いて、ネット環境があればどこからでもログを書けるような環境を自前で整えていたけど、今はそれをメンテナンスするよりもスマホアプリ起動で全部解決できるんだもんなー。写真や動画も簡単にアップロードできるし、気に入った記事をシェアするのも簡単だし。ネットで交流したい!という欲を追求するなら、ブログが廃れてSNSがメインになっていったのも分かる気がする。

それでもここに書き続けるのは、そういったSNSだと書きづらい雑文をまとめるのに良いと思うから。自分の思考整理の側面が大きいかな。

という感じで20年間続けてきたこのサイトも、まだまだ続ける予定。前述のように自分のためという理由が強いし、今更止める気はないので、細々と続いていくと思います。

すっかりこっちの更新を忘れてチャプター2の終わりまで行ってしまいましたよっと。最近、日常のことはTwitterで呟くようになったから、こっちのログはホントに何かあった時にしか書かなくなってしまった。長文を書きたくなるような場合はこっちのほうが都合がいいんだけど、それが年に数回しかないという。かといってこっちを閉める予定はありませんが。

さておき、昨日6月20日はファイナルファンタジータクティクスの発売日(24年前)。当時は存在を知らず、後になって友人の家でやらせてもらったのが初だったなー。まさかその24年後、解析プログラムをがっつり書くまでやりこんでいるとは思うまい。ホントに良いゲームなんですよ、ええ。

チャプター1での難関、ドーターのスラム街戦。と、砂ネズミの穴ぐら戦。前者は頭を捻り倒してなんとか3ターン・最終詠唱無しの撃破ルートを開拓できたのが頑張ったところ。敵を誘導するためだけに1ターン行動を我慢するという、急がば回れ方式を習得できた感じですかね。利用できるものは敵でも使え、は最後まで活きる知恵となりました。あと、素手弓使いの移動ルーチンがちょっと変わっていて、2ターン目の移動時にラムザではなく1マス遠いアルガスに寄っていくんですよねぇ……。エクセルで眺めた時に後から気づいたんですが、コレがもしラムザに行くだろうと早とちりしていたら、このルートが完成しなかったかもしれない。しかし今になっても、何故そんな移動をしたのかは分からずじまい。このゲームにおけるAIの移動ルーチン、”実行できる行動が1つもない場合、必ず一番近くの敵に寄っていく”というルールが絶対ではない、ということか……。

砂ネズミの穴ぐら戦は、敵の誘導位置に悩みましたが、弓使いを即座に倒す必要があることはすぐに思いつきます。問題は残る4人をどうやって倒すか、と考えた時に、ナイトは攻撃1回だけでは倒せないHPというのが厄介な点。かといって弓使い含めて5人に黒魔法を当てるルートは誘導が厳しすぎてFaithや相性が現実的でない、ということで不採用。反撃タックルなら実質攻撃1回だけで倒せる、と気づいて、マンダリア平原のアルガス調整から仕込み開始ということになりました。チャージを持ってきてくれたのは、実は予定外だったので嬉しい限り。

次はボス4連戦。大して難しくないので、さくっとクリアできるマップばかりですね。ウィーグラフはともかく。

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Twitterアカウント: spherewind1(twitter.com)

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links