Phantasy Garden

「孤独のグルメ」谷口ジローさんが死去(nicovideo.jp)

うぉぉ……。マジかー。孤独のグルメの作画担当の人、亡くなられたのか……。孤独のグルメ1巻のときに知って、その後新装版を買って、2巻を読んで、3巻もあるのかなーと期待していたんですがねー。本当に、惜しい人を亡くしたと思う。

謎の囲碁棋士「Master」の正体は「AlphaGo」 Googleが発表(nicovideo.jp)

昨年末あたりからネット囲碁に出没していた正体不明のアカウント「Master」がAlphaGoでした、というお話。AlphaGoは、昨年の春頃に話題になっていた(spherewind.com)、人間と互角以上に戦う囲碁AIです。ネット囲碁では一般人に紛れてプロ棋士も参戦していることが知られており、そのアカウントも公開または公然の秘密状態になっていたとか。そのプロ囲碁棋士たちが、正体不明のアカウントに次々と負けるものだから何者かと騒然となり、Google社が種明かしという感じだそうで。コメントには某週刊少年誌で昔連載されていた某囲碁漫画のアレを思い起こす人がやはり多数いましたが、まぁ順当に考えるとそうですよねってところ。

記事中では、ネット囲碁では持ち時間が短いような表現がなされていますが、複数のネット囲碁ゲームにおいて100戦近く戦って無敗という漫画のような成績を修めています。ホント、saiみたい。今後は持ち時間を通常の対局と同等にした公式戦を行うと宣言していますが、日進月歩のAI業界で、昨年の春でさえトッププロ棋士を負かしたAlphaGoが、果たして互角以上に戦える相手はどれだけいるんでしょうか。

チェスのチャンピオンがAIに負けて十数年、次は将棋かと言われていた矢先にGoogleが囲碁でぶっちぎってしまった感のあるテーブルゲームAI開発ですが、まぁこれは世界的に普及している囲碁と主に日本のみの将棋ではAI開発リソースも違うのでしょうがないところもあります。他には単純力押しな探索から、モンテカルロ法と深化学習を組み合わせた囲碁ならではのAI学習がハマったというのもありますが。AlphaGoは自分自身と数秒で1局を行うらしく、その学習速度はまさに並外れた速さ。数年あれば、プロ棋士の生涯対局数を優に超えるくらいの対局をこなすそうで。その全てが人間並みの学習とは言えませんが、数をこなせば知啓を得るというのはAlphaGoの戦績が証明しているので、昨春と今とでは別物というくらいのAIになっているんだろうなぁと予想。

一方、日本のお役所は総務省がAIの公的認証制度を検討中(srad.jp)という、なんかもう、うーん。

ダークマターを否定する「エントロピック重力理論」の可能性(srad.jp)
ダークマター存在せず? - 「エントロピック重力理論」と観測データが一致(mynavi.jp)

EMドライブに続き、新しいサイエンスの話題。我々の知る物理法則は大きく4つの力(強い力、弱い力、電磁気力、重力)に分けられることはよく知られていることですが、そのうち重力はこの基本的な力ではないかもしれない、というお話。位置の変化によるエントロピーの変化を重力と認識する、というように読めるんですが、門外漢からするとなんのこっちゃさっぱりわからん。エントロピック重力(wikipedia.org)という考え方らしいんですけど、かろうじて理解できるのは、この理論だとダークマターを仮定しなくても銀河の回転速度が理論と観測でよく一致するということ。ダークマターは、銀河の回転速度を観測したときに、その回転速度に到達するための銀河全体の質量が足りない問題を埋め合わせる、理論の穴を埋めるために用意された想像の物質ですね。理論と観測が合わないから、うまく合うようにとってつけた物質というわけで。一方、このエントロピック重力理論ならそんな想像の物質を用意しなくても、銀河の回転速度が理論と観測とでよく合うという。

一見すると、シンプルに説明できるならエントロピック重力理論のほうが優れているようにみえるんですけどね。しかし今まで信じられてきた物理法則の根幹を覆すわけで、おいそれと受け入れるわけにはいかないし、あくまでそう説明することもできるというだけであって、ダークマターが否定されたわけでもない。つまるところ、エントロピック重力理論を肯定することも否定することもできない状態。ダークマターが実際に観測されれば、問答無用で決着するわけです。それまでは「そんな考え方もできるよね」という状況が続くだけで、主流になるかどうかは他の判断材料との整合性次第、というところでしょうか。

EMドライブにしろエントロピック重力にしろ、個人的感覚として間違ってないだろうという物理法則が、実は曖昧で間違っているかもしれない、という問題提起は実に興味深い。来年もまたこういった話題を追いかけていきたいですね、という感じで今年の締めの挨拶とさせていただきます。

ラッセンの描いたどん兵衛のイラストが話題(nicovideo.jp)

( ゚д゚)……

「壮大に何も始まらない」という迷言?を思い出したイラスト。シャチの絵は好みなのに……! 月のように鎮座するかき揚げには口を引き結んで耐えましたが、波間に漂うどん兵衛に気づいた時は吹かずにはいられなかった。

NASAによるEMドライブ研究論文、米航空宇宙学会の論文誌に掲載(srad.jp)

EMドライブの続報。前回のログで書いてたNASAの流出レポートですが、学術雑誌の査読に通って無事掲載となった模様。EMドライブの原理に関して、物理的な証明が完了したわけではないものの、少なくとも実際に動作することは確認された、というわけですね。個人的には追加実験や原理の証明などの続報を追っていきたい。

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links