Phantasy Garden

昨日、博士学位審査として学位論文の公聴会が行われました。審査委員会の教授らの口頭試問に応答した後、学位を出すかどうかの判定が行われます。その結果、学位取得に値すると認められ、長かった学生生活にもようやく終止符をうてそうという段階まできました。

一言で書くとそんな感じですが、実際は口頭試問もへっぽこ、学位論文も当日の朝まで書き直しがありましたし、発表も反省しきりという具合で。判定会議中は胃が痛くてしょうがなかったです。学位論文については、3月の製本までにもうちょっと書き直しを行う予定ですので、少し落ち着いて見直しができそうですけども。逆に言えば、3月までは学位論文の修正およびそれを構成する論文の投稿、事務処理関連の手続き等々があるということなのですが、とりあえず最大の山場は終わったという認識でありんす。これからは、基本的にはもう今春以降の仕事を見据えてスケジューリングしていきたいところです。色々と職場のほうでも応援してもらっていたこともありますし、ちゃんとしたメンバーとして貢献していきたいですな。

このブログとしては、趣味のほうもぼちぼち再開していきたいところ。とりあえず、書きかけになっているプログラムの再開発あたりから手を付けていこうかのぅ。

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links