Phantasy Garden

新年度一発目の記事なんですが、そんなの関係なく抜歯直後なのでめがっさ左頬が痛い。最後の親不知を抜いてきたんですけど、此奴も前回と同じくヘビーな奴だったようでして。五本の局所麻酔と一時間超にも及ぶ手術の末、ようやく抜けた難物でした。そろそろ麻酔が切れてきて痛みが出てきてますが、週末はベッドの上で七転八倒しながら鎮痛剤で痛みに耐えなければなりません。月曜日の抜糸までなんとか我慢すれば、どこぞの元首相も感動してくれるんではないでしょうか。

閑話休題。

そんな新年の変わり目。4月1日のエイプリルフールは我が誕生日だったんですけど、研究室のメンバー入れ換え+大掃除打ち上げで日付変わるくらいまで飲んでました。んで、その翌日から早きと言うべきか遅きと言うべきかの卒業旅行?で一路京都に。来春に行けるかどうか怪しいしね。

流石に春休み中の週末はホテルも混み合ってましたけど、なんとか部屋を予約できたのは幸い。京都の文化遺産を巡りまくる修学旅行的ルートでした。時系列的には、東寺→伏見大社→三十三間堂→建仁寺→八坂神社→二条城。三泊四日の小旅行です。

一日目は移動だけで終わったので、二日目から。まずは東寺。千手観音や大日如来の荘厳な像が安置されていますが、残念ながら撮影禁止なので境内部分のみ。

御影堂前門 五重塔

JR線でも見える五重塔も、実際に近くで見たことはなかったので、まずはその存在感に圧倒されてました。ちょうど桜の時期なので、境内の枝垂れ桜や山桜の花びらが舞い散り、なかなかに風情のある景観でした。

二日目午後は伏見山。全国の稲荷神社の総本山、伏見大社があります。

千本鳥居 三ツ辻手前

かの有名な千本鳥居と、伏見山を登る途中に幾つもある社の一つ。幻想的というかなんというか、真っ昼間でも少し薄暗くてぞっとしない気にさせる感じがあります。関西に住んでいた時から行ってみたいとは思っていたものの中々行けなかった場所の一つ。無論、伏見山頂上までぐるりと2時間程度かけて昇ってきましたよ。

三日目は三十三間堂。1001体の千手観音像、風神・雷神像などが安置されてます。

三十三間堂

通し矢と呼ばれる弓の競技が行われる場所。長い。堂内には弓道連盟の全国大会の表彰状?の奉納がなされており、弓と関わりの深い場所らしいです。同行者で弓道に詳しい奴はなんだか感嘆してました。

続いて建仁寺。各種の庭や、本堂の天井絵、風神雷神の屏風絵などなど。

建仁寺

つい座禅を組んでみたくなる、そんな日本庭園。日がな一日縁側に座り、四季折々の風景をこの庭で楽しめたらいいのぅ。

で、京都の初詣でよく行った八坂神社へ。こちらは何度も行き慣れているので特に写真はなし。むしろ八坂周辺の京都らしい町並みが見所という気もします。神社横の茶屋で食べた小倉アイスがウマー( ゜д゜)。

四条、三条と鴨川沿いに北へ歩き、白川の桜のライトアップ。

白川桜のライトアップ

ちょうどこの日がライトアップの最終日だったらしいのですが、日曜日と重なったのでなかなかの混雑ぶりでした。沈みゆく夕陽と桜の対比もなかなかに美しいですな。

この後に二条城へ行ったのですが、残念ながら三脚などは持ってなかったので写真は撮らず。試しに撮ってみはしたものの、手ぶれがひどくて写真になりやしねぇ。

で、最終日に京都駅周辺でお土産等々を買い込んで九州へと戻ってきました。京都周辺は中高生の時の定番遊び場だったのですが、改めて観光をしてみると今まで見えていなかったものに気づかされたという気分でした。地元民は地元の観光スポットに詳しくない、という法則宜しく京都の観光スポットもろくに知らなかったくらいですが、やっぱり良いものは良いですな。

九州の自宅付近も観光スポットはあるので、出て行く前にちゃんと見ておくべきかなとも思う悠です。それでは今日はこの辺で。

Comment

Commented by なるせ 2010-04-09 04:08:09

来てたのか!ものすごく仕事場周辺じゃないか!どこかでニアピンしてたりしてなw

Commented by 悠 2010-04-09 20:03:01

実はこっそりと居ました。
大学の友人と一緒だったので、そちらに連絡はしませんでしたが。

京都駅周辺はかなりぶらぶらしてたので、もしかしたらニアミスがあったのかもしれませんね。
けどまぁ、言ってなければ他人の空似として気づくまいw

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links