Phantasy Garden

昨夜、溜まった疲れを癒すために温泉に向かう道すがら、友人と話していた時のこと。夢の中に出てくる人や物は何かの暗示なのではないか?というテーマで熱い議論を交わしていました。なんでかしらんが。

夢占いというか夢判断というか、巷にはそういった夢に関わる内容でもって判断することがあるように、議論の結末は何か関わりがあるんじゃないかという適当な結論に落ち着きました。まぁ夢は人間が睡眠時に記憶を整理する間に見るものと言われているので関連性があったとしても特段驚くことでもないんですけど、そこでふと気づいたのです。思い返してみれば、俺の夢の内容は極端に人間が少ない気がする、と。

友人らの話を総合する限りでは、知人友人関わりなく、どこの誰とも分からないような人間まで夢の中に出てくることがあるとのことでした。多分、日常生活の中ですれ違った人を覚えていたんじゃないかということだったんですが、俺の夢の中ではそれがあまりないような気がするのです。単純に忘れているだけかもしれませんけど、子供の頃から見てきている悪夢とか強烈に印象強く残っている夢の内容を思い返しても、人間がいない。悪夢の象徴としてあるのは、巨大な狼や熊とかいった動物なんです。無論、日常生活っぽい夢を見たこともありますし、そこでは友人が登場していたことまでは覚えているのですが、”見知らぬ誰か”というのは記憶にない。

んで、これは普段無意識にみている人間関係を表すんじゃないかと仮定しまして。相貌失認症候群というほどではありませんが、俺はとにかく人の顔を覚えておくのが苦手です。名前だけなら覚えていることはあるのですが、服装や髪型が違うだけでとたんに分からなくなること多々あり。これが夢の内容にも現れているんではないか、と。つまり、すれ違う人やさほど親しい人のことを覚えていないので、記憶を整理するための夢の中にも出てこない。無意識レベルで人の顔を覚えていないということが図らずも理解できてしまった事例なのかもしれません。ダメポ。

貴方の夢はどんな夢ですか。

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links