Phantasy Garden

だいぶ広まりつつある仮想化とそのノウハウですが、諸事情と個人的興味とがあいまって弄ってみることになりました。使った仮想化デバイスはKVM+QEMU。詳しい情報はそのうちインストールメモにでも書くことにして、とりあえず状況をば。

仮想化Windows7

先頃リリースされたWindows7のRC版を試しにインストール。ぶっちゃけほとんど問題もなくインストールが完了。というても、インストールが終わっただけでまだ何が出来るかも試してないから、問題ないとは言い切れないんですけども。適当に設定してみたネットワークは死んでるっぽいし、ゲストOSとホストOSとのファイルのやり取りの仕方もわからん。USBを認識しやがらねぇ。CDドライブは認識するっぽいから、いちいちCD-RWに焼き付けないといかんのか? そんなわけがあるまい。

まぁ、ともかく仮想デスクトップは様子見程度を行うには便利かもしれぬ。wineとかも一応あるけど、仮想OSを起動するのと比べるとメリット・デメリットは一長一短。wineでは起動できないアプリもあるし。徐々にこっちのノウハウも蓄積していきたいのぅ。

Comment

Commented by なるせ 2009-05-14 22:55:59

お、こっちでも仮想マシンが。
僕はMacOSX+VMware、隆島氏はMacOSX+Bootcamp+VMware、そしてLinux+KVM+QEMU。
違いを楽しむのもまた面白そうですな。

ちなみに、MacOSX用ですが、MikuInstallerは結構動くアプリが多いそうです。
ttp://mikuinstaller.sourceforge.jp/

Commented by 悠 2009-05-16 17:10:50

仮想マシンはお試しインストールには便利かも。ドライバ関係はちょっと信頼性ないですが。
デュアルブートは面倒なので、できればWindowsは全て仮想マシン上で動かしたいところ。

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links