Phantasy Garden

学会、始まる。俺、びびる。

時差ボケのせいで夜はあまり眠れず昼にクソ眠いという気だるい感じが未だに抜けきれてませんが、その他にも初の国際学会参加ということもあって緊張していたんだと思います。日本の学会は見学もそれなりにしていたし、参加もあまり問題を感じなかったんですけども、国際規模になるとやっぱり胃が痛ぇ。朝一で云々とか言ってた癖に、『初日早朝は当日登録の人も多そう』『教官のポスターも午前中なら大丈夫なはず』とか考えてのっそり9時過ぎ頃に出かける俺。朝起きたのは6時前だったのにホント意志の弱さが情けねぇ。

で、意を決してホテルを出て、会場に向かったわけですよ。合流した後の教官の話なんですが、サンフランシスコって観光の街でもなんでもなく単なる一都市で、むしろ生活感に溢れる街なんですな。通りを歩いていても、路地裏の雰囲気はヤバいと思わせる反面、大通り沿いは地元住民がごった返してる。いや半分くらいは観光客かも知れませんけど、地元住民も街中に溶けこんでいて、それが当り前って感じで。観光目当ての場所にはならないから、地元の雰囲気がよく出ている、ってのが分かります。

その雰囲気になるべく合わせながらも、やっぱり旅行者ってのはどこか別の雰囲気で、特にアジア系の旅行者はすぐに分かりますね。無論、俺含め。この国際学会には当然のことながらアジア系の人も多く参加しているんですけど、後ろ姿だけでなんとなく『あ、この人学会参加者だ』ってのが分かる。欧米系の人はさっぱり分かんないんだけどね。

多いとはいえ、やっぱりアジア人はちょっと特殊だよなぁと考えていたら、あっという間に会場に。ヤベェ。思考するのにかまけすぎて、登録のことすっかり忘れてたどーしよ、と不安で胃腸がやられそう。けど会場到着頃にはもう10時近いくらいで、流石にそろそろ教官のところに向かったほうがいい時間帯。学割用の国際学生証の申請忘れてたので英文の在学証明書で通じるだろうかとか、クレジットカードの暗証番号の記憶がアヤフヤだけど大丈夫だろうかとか色んな意味で不安てんこもり。次第に考えるのがめんどくさくなってきてまぁなんとかなるだろと受付行ったら、拍子抜けする程なんとかなってしまったよオイ。うだうだ考えていたオレの思考時間はいったいなんだったんだ。

ぶっちゃけ、アメリカ人ってそんな細かいこと全く気にしてない。クレジットカードも対面でカード本体とサインがあったら十分通じる。いやまぁ暗証番号覚えておくことにこしたことはないんだけども。学割に至っては学生証の提示すら求められなかったし、見た目でそれっぽかったらOK(※指導教官談)みたいなアバウトさ。日本人は神経質に過ぎるのか。まぁ確かに俺はうだうだ考え過ぎているきらいはあるけど。

登録を済ませてしまえば、後は会場内どこでもうろつけるわけで、教官と会うのもさほど難しくはありません。落ち合ったのち昼飯を食いにいく辺りで、大学の見知った教官と偶然遭遇。そのまま一緒に昼食を食べたんですけど、結構大学から来ている教員・学生が多いことを知ったり。午後の興味あるセッションに参加したのち、ホテルに帰還して一休み。で今に至る、と。

初日なのにやたら長文なのですが、当初の難関と思われた当日参加登録を経ての会場入りだったので、その拍子抜けっぷりが俺に与えた衝撃というものを理解いただけるかと存じ上げます。無駄に考えすぎたということくらいだけど。明日明後日は学会参加もほどほどにプチ観光をしてみる予定。加えてそれ以外には発表原稿作成、帰ってからのゼミ用資料作成となんかちょっと鬱な仕事が溜ってます。13日の発表が終われば晴れてフリーダムなんですけど、その翌朝にはサンフランシスコを発ってしまうしな…。

余談。持ってきたデジカメで写真をアップできるかどうか試してみる。一応USBカードリーダもあるんで、PCへの転送は問題ない。サイトへのアップもブログシステムに付け加えてる転送機能があるのであまり問題はでないはずだが。

サンフランシスコ ホテル内

宿泊中のホテル、室内の雰囲気。こういう時はホント楽チンなシステムが考えられたもんだって思うよ実際。

Comment

Commented by なるせ 2007-12-13 02:23:31

国内の学会での発表はもう慣れて居るんだろうけど、初めての海外の学会で発表とかエラい大変そうですな。
でも、大変さを楽しんでそうでなによりですし、そういう体験できて羨ましいかも。
今から思えば、大学時代のうちにE3とかCESとかのショーやSIGGRAPHとか見ておけばよかったな。
(先生から話にはきいているけど)

>見た目でそれっぽかったらOK
え?(゚д゚)
修学旅行で先生に間違われた人が言えt(ry

Commented by 悠 2007-12-13 08:24:35

まぁ国内の学会でも、口頭発表となるとまた違った緊張を感じることかと思いますが。
でも会話に壁があるかないかでも差は感じますね。国際学会のオーラルとかの緊張は半端ねぇはず。

>修学旅行で先生に間違われた人が言えt(ry
そ、そこはそれ、ちゃんと身だしなみを整えていけば年相応くらいなわけでして、無論顔のお手入れは欠かしませんよ。
そういうことを気にする時点でアウトな気もするが。
まぁ、あと日本人は若く見られやすいというのも無関係ではないかと思います。若く見られて年相応ってのもどうかと思うけど。

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links