Phantasy Garden

最近は研究室に泊まり込んで研究することもざらにあるので、食事も研究室で摂ることが多いんですよ。昼間は学食でも行きますけど、さすがに真夜中はない。ファミレスとかは若干遠い上に学生が多いのであまり好きじゃありません。必然的にコンビニで弁当等を買ってくる、インスタント食品を調理して食べるくらいの選択肢になるわけで。

一応研究室には電気ポットが設えられていて、常時お湯を沸かしておけるのでコーヒーや紅茶等を淹れるには困りません。他にも電子レンジ、冷蔵庫、冷凍庫、水道とシンクなど生活するための一通りの設備が揃っております。ぶっちゃけ、だいたいのことは研究室で済ませられる。

今夜も割と忙しいというか明日までにポスターを仕上げなければならないという〆切直前修羅場地獄を嗜み中でございまして、無論のこと仕上がるまで帰る気はありません。そこで小腹が空いたので何か食べようと思って持ってきていたインスタント食品群を眺めていたら、レトルトカレーと白米。

さすがに多種多様な設備があるうちの研究室でも、コンロはございません。いや確かどっかにしまってあったかと思うんですけど、いちいち取り出して使うのメンドくさいし。電熱プレートでもあれば良かったんですが、あいにく加熱には電子レンジくらいしかない。

お米は大丈夫なんですよ。電子レンジで加熱できるタイプの奴で、数分ほどで立派な白飯が食えるという代物。問題はレトルトカレーなんですが、火はないので別の調理方法を考えるしかない。一応、別の容器に移しラップをかけて電子レンジで温めるという方法もあるんですが、残念ながらラップが研究室にない。これは困った。ラップを買ってくるしかないんか…?と思いましたが。

       |
   \  __  /
   _ (m) _ ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)   電気ポットにカレー突っ込んで沸かせばいいんじゃね?
     ノヽノヽ
       くく

ほら、原理は電熱プレートと一緒だし。沸騰するくらいにお湯を熱くできるんだし。ある程度温まったお湯に突っ込んでさらに沸騰させれば立派に調理できるんじゃね?と考え、やってみたら案外上手くいってしまった。普通に美味かったよカレー。

徐々に研究室内で生活する知恵が身についていっているなー。

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links