Phantasy Garden

長かった。具体的には、前編の着想から執筆終了までおよそ三年弱。執筆開始からでも二年とちょっと。うん、長すぎ。

最終的に、後編は100KB超えてしまいました。文字面だけで。しばらく文章を寝かせてみて、もう一度推敲してみようとは思っていますが、極端な文章量の変動はないと思います。若干ヘンな言い回しや、誤字脱字の修正くらいになるかと。

けど総計で260KBというのは久しぶり。遙か昔に書いたことのあるくだらないSF・ファンタジー小説もそれくらいだったかと思うんですけど、あんまりイタイ過去を思い出したくないんでこれ以上の追求は俺の精神衛生上良くないと思うんです。で、これを字数に直してみると13万文字。UTF-8だから1文字2バイトで間違いない。これでもまだイメージ湧かない人には、改行を考えずに単純計算すると原稿用紙330枚程度といえば分かってもらえるでしょうか。改行含めればもっと行きますね。字書きでない人にこれを言うとたいていドン引きされますが。『こんなくだらないものに年月を費やして、原稿用紙ン百枚も書いていたのか!』って。orz

でもまぁ、自分の表現の手段として、小説という創作手法は個人的に性に合っているんですよ。絵描きも字書きもしてますけど、漫画は描けませんし。一枚に精魂込めるイラストと、練り込んだストーリーを描く小説と、どちらもやりたい欲張り派。で、どっちも中途半端な感は否めません。

さておき、中編まで既に公開していたんであんまり説明はしません。読むなら読んでくださいお願いします。二次創作の部類なんで、原作が分かんないと理解しづらいと思いますが。一応、時代考証を入れるならば1995年夏をベースにしています。原作でもそうだしね。日付及び曜日の考証、時代背景、文化の発達も1995年が基本です。だから携帯電話なんて概念は無論ありませんし、学校の週五日制も月二回なのです。この辺、後々あとがきを書くことがあれば設定等々も公開してみてもいいかもしんないですが。誰も興味ねぇよなぁというのが正直なところ。NTTのナンバーディスプレイが1997年からスタートしてるとか。

そんなわけで、一つ肩の荷が下りた気分です。けど正直、今の環境では長編小説は書きたくてももう書けない。小ネタでひねったショートストーリーくらいは行けそうですが、着想から執筆終了まで3年もかかってるうちに色々状況が変わってしまいました。まぁ、どうせ好き勝手描きに書いては散らかし放題な我がサイトなので、気の向くまま書き続けます。ネタは色々あるんだし。

しがない字書きの端くれは、明日も元気にネタを考えています。

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links