Phantasy Garden

十六夜の月の下、夜風に吹かれて密かに心湧き、道々を往く。

秋の夜長に散歩。風流と言えば風流かもしれない。夏のような蝉時雨も遠ざかり、秋の虫の音が支配する林道。いつもの散歩道。がさっと木の葉が揺れる音に目をやっても何も見えず、風が吹いたというわけでもなく。ただ古くなった葉や枝が自然と落ちてきただけで、しかし言いようもない感嘆を覚える。木もやはり生き、時が刻まれる毎に成長しているんだなと。

最近、めっきりと冷えてきています。

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links