Phantasy Garden

近畿でも相変わらずのぐうたらぶりを全力で発揮させていただいております空想庭園/Phantasy Graden管理人こと御神楽 悠ですこんばんは。名乗りをしっかりしてるくせに内容はメタメタというダメ人間の典型ですね。

さておき、4日から高校の旧友たちと遊び呆けていたんですが、これがまたそれなんてオフ会?って聞かれるくらいのヲタ会でした。ルートは初詣→カラオケ→飲み会→ゲームセンター→カラオケオールナイトとか。なんでカラオケ2回やっとんねん。今思うと尋常じゃないテンションだったと思います。

昼ごろに適当に京都駅に集合して、その後初詣行ったあたりまではよかったんですけど、予定を煮詰めてなかったので適当に京都の町をぶらぶら。一応当初の予定であったカラオケを5時間した後、焼き肉食べ放題の店で飲み会。アルコールが入ったせいか、このあたりからテンションが猛チャージ。

ゲーセンでアーケードゲームを幾つか嗜み、マリオカートアーケードで飲酒運転!とかいって酔っ払いどもの行進。ゲーセン二件目でクレーンゲームやらの景品ゲット系ゲームに金を投資しまくり、だいたい2000円弱くらい使ったのではないでしょうか。ここでおにぎりモナーをゲットし、その後のネタチャンプとして大活躍してくれたんですが、画像データはまた後ほど。

で、ゲーセンのテンションのままカラオケオールナイトへ突撃し、VIPSTARや大嘘つきの古狸を熱唱したり、いわゆるヲタソングを入れまくって歌いまくり。一般的な歌が非難の的になるというヲタカラオケ大会。たぶん頭のねじがどっか飛んでいってたね。

なんというか、ヲタ友の結束を感じてしまった飲み会ですが、歌を歌うことがあんなに面白いと思ったのも久しぶりでした。あのメンバーでなきゃあそこまではっちゃけられないだろうなーと思いつつ、5日の朝に滋賀へと帰還していきました。

……そこで終わっていればよかったんですが、残念なことにまだ続きがありまして。

んで、5日。個人的な考えでは2日くらいで高校の友達と遊ぼうと思っていたんですが、なんつーか飲み会だけでお腹一杯な感じがしてまして。オールで歌い続けたせいもあって眠気が強烈。高校のころからなじみの市立図書館で椅子に座って寝てました。その後中学校の友達の家に行ってみるも、やっぱり突然訪問はきつかったです。ふらふらと高校のころの思い出を思い出しながら周辺を歩きまわり、京都へとカムバック。ぐでぐでながらネットカフェに入って今に至る、というわけです。6日でなく5日の夜のバスで九州に戻ってもよかったなぁと思ったり思わなかったり。

まぁ最近のネットカフェは深夜営業も十分考慮されておりまして、シャワールームが使えたり座敷の個人部屋で仮眠できたり、そこらのホテルよりも気軽に寝床になりそうな気がしますが。12時間1980円なら安いねぇ。

Comment

Commented by たき 2006-01-06 11:03:20

あけましておめでとう。

ヲタクカラオケ・・・
いつも見てる神様とはほど遠いテンションだったように読み取れました。
読みながら、研究室で吹き出しそうになった。

そんなアタシも、お正月は高校のときのトモダチと馬刺し焼肉(学生の分際で)で女の視点で討論会。要するにグチ大会。ホントに楽しかったー。

何が言いたいかというと、大学のトモダチも旧友もおんなじくらい大切だ!ということを再認識した2006年和尚が2。

今年もよろしくね。

Commented by 悠 2006-01-06 13:51:32

>>たき氏
あけましておめでとうございます。

確かに、大学にいるときのテンションとは全く違ったとは思いますね。自分でも。
大学では大学での、高校では高校での友達との付き合い方というか、何をどう曝け出すかが変わります。
やはりそれは、強要されても出てこない奥底なわけで。

>何が言いたいかというと、大学のトモダチも旧友もおんなじくらい大切だ!
激しく同意。優劣差はありませんな。
どっちも自分を成長させてくれる、かけがえのないものばかり持ってます。

それでは今年もよろしく願いいたします。

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links