Phantasy Garden

AIRSS中編、少しずつ推敲と校正を行っております。なんていうか、場面のテンポをとるのが難しいね。あまり早く移りすぎてもいけないし、遅すぎてもいけない。時間経過を考えて、上手に進行にさせないと物語のテンポが崩れてしまう罠。こういった部分のミスは、つぎはぎな書き方をしているとわかりにくくなってしまう。全部を書き終えた後、時間をおいてからよく見ないとなかなか気づかなかったりする。それでいてこういったミスは人の感覚に訴えかけるものだから、純粋に物語を知らない人が読むと違和感が出ちゃったりするんだよなぁ。書いている本人は道筋が頭の中に入っているから、その違和感を無意識にカットしちゃうんだけど。

プログラムと同じで、『最初からバグのない、出来のいいものはあり得ない』と思った方が精神衛生上いい気がする。極力減らすべきではあるんだけれども。

物語るのは、難しい。

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links