Phantasy Garden

「無理ですよ、先輩! こんな短い期間でこの仕様を満たせるものが作れるわけなんかないじゃないですか! なんでこんな仕事ばっかりなんです!?」
「……いいか、これは作れる、作れないの話をしているんじゃないんだ」
「……は?」
「作れ、といっているんだ。可能か不可能かなぞ聞いていない」
「そ、そんな無茶な……。三週間じゃ、この仕様の半分も……」
「作るからには、ちゃんとしたものを作るべきだ。勿論、デバッグなども済ませてな」
「…………」
「なんだ、何かいいたいことがあるのか。それならはっきり言え」
「……それじゃいわせてもらいますけど、この案件は明らかにおかしいじゃないですか。しかも今回に限ったことでもなく、むしろ毎回毎回こんなのばっかり! 僕はうんざりなんですよ! もう一週間以上、自宅に帰ってないんですよ!」
「……それが俺たちの宿命なんだ。俺ももう、一ヶ月は帰っていないんだ。この会社にいる限り、安い給料でこき使われるんだ……」
「うぅ……。僕たちって虫けらだ……」

半分冗談、半分本気。世の中には、こういった世界もあるのですよ……。

六月中になんとか停滞していることを終わらせないと、次のステップに進めない罠。

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links