Phantasy Garden

少し小雨のぱらつく夜、ふと思い立って近くの史跡に足を向け、背の高い木々に囲まれた空間に立ち尽くす自分。周囲には人気もなく、雨が地を叩く音しか聞こえない。

草木の匂い。どこか郷愁の念を覚えさせるその風景に、音のないため息をついて。久しく忘れていた、ゆったりとした時間。

日常から切り離された非日常に、得も言われぬ悦びがある。

……。

まぁ、夜中の2時3時に人気のないところで佇んでる様は明らかに不審者なわけですが。

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links