Phantasy Garden

やっぱりFCL3でしばらくは落ち着きそうな予感。FC+KDEデスクトップはなかなかグッドだと思いました。あと、FC3にATOKXをインストールする方法もみつけたので、日本語環境に関してもそれなりに落ち着けるはず。データ用のドライブをFAT32でフォーマットしたので、WIN⇔LINUXで共有できるようにもなりました。

FCLに戻す前にSUSEを使ってみたら、なんかサウンドドライバが機能してました。その代わりに文字化け。けど意外とSUSE LINUXのYaSTが使い難いかなーとも思うようになったのもあり、結局FCLに乗り換えてしまったと。なにしろYaSTだとコンソールから起動できず、細かい設定は従来どおり設定ファイルをごりごりと弄らないといけないのに、YaSTで更新してしまうと手動で変更した部分も元に戻ってしまうという微妙な挙動がクセモノ。コンソールからviを使っての設定変更に慣れてしまったのか、GUIの設定って面倒だなぁと思うように。うん、もうどっぷりとLINUX病。

んで、FCLをインストールしようと思ったら『バグが発見されました』。orz なんか知りませんが、どうやらFCL3をインストールする際にはRedHat系のOSで一度フォーマットしていないとエラーを吐きやがるようなんです(試しにRedHat7.3でフォーマット後にFCL3をインストールしてみると成功。一番初めにFCL3入れたときもRedHat9が入っていた)。コミュニティにバグレポートを投げるべきなのか(英語書くのしんどい)。

あとFCLでは、組みこまれるソフトウェアが基本的に『オープンソースかつライセンス的に問題ないもの』なので、MP3を再生するプラグインとかが入っておりませぬ。xine-libを落そうと思ってもyumではムリっぽいし、ねじこむしかないようで。ATOKXも入れて、早くへぼんな漢字変換環境から解放されたい。

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links