Phantasy Garden

LibraryにおいてあるNovel、非常に見づらいんじゃないかと思うんですよ。自分でもそう思うくらいなんだから、他の人から見たら目を覆いたくなるくらい酷いかもしれない。少なくとも一見さんを、レイアウトに関わらず惹きつけるほどの魅力ある文章ではないわけでして、それならもっと読みやすくする必要もあるんじゃないかなと思うのです。ただでさえ活字が嫌いな人も多くなってますしね。

元々私は縦書きの段組小説で執筆練習していたので、Webで文頭がインデントされていないことを除けば、書き方は全くそれと同じなんです。しかしインデントされていない分、地の文と会話文の視覚的な区別がしにくいなぁとは思います。行間をなるべく大きめにとっていますが、やはり縦書き段組レイアウトと横書きレイアウトでは、単に文が縦横になっているだけじゃなくてそれぞれに『雰囲気』があると思うのです。この『雰囲気』の現れ方が、縦書きと横書きでかなり変わると思うのですよ。

所謂『行間を読む』という読書の楽しみ方があるわけですが、縦書きの書き方をそのまま横に書いていたのでは、この『行間を読む』作業がやりにくいと思うのです。前述の通り、インデントをしていないので地の文と会話文の区別がつきにくいですし。ならインデントすればいいだけの話、という単純な帰結にはならなくて、レイアウトなども含めて『文章』ですので横書きなら横書きなりのレイアウトを考えたほうがよさげです。そもそも横書きの日本語をインデントすると余計見づらくなる、と私は思うのですが。単にそういった文章に慣れていないだけなんでしょうけど。

で、色々とWebにあるSSを見ていたんですけど、やっぱりぎゅうぎゅうに詰めて書く人ってあまりいませんな。ある程度空白を設けて、見やすくしているようです。次の機会あたりに、NovelのHTMLを一旦整理しようかと思っている今日この頃。

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links