Phantasy Garden

年賀状イラストを描く際に、線画を含めて全てデジタルという手法でやってみたんですが、激しく手間が掛かって面倒ですな。自分としては、挿絵などのストーリー性の高いイラストには鉛筆のタッチを活かしたアナログ画のほうがあってるのではないかと思うのですよ。パソコンでは微調整などで済ませる程度にして。カラーにするならともかく、モノクロのグレースケール画像ならそっちのほうが効率的。ストーリー性を求めるだけあって数枚イラストを描く必要も多々アリですので、効率は重要です。鉛筆線も、擦ってぼかしたり、消しゴムで消して鋭い効果を出したりと、工夫の余地は多いですしね。

そんなわけで、トレス用の道具が激しく欲しい。現在は下書きを取り込んでパソ上でトレスする始末。下書きはかなり書き殴ったり勢いに任せた線が多いので、そのまま使うことは出来ませぬ。消しても黒い跡が残りやすいので不可。トレスは必須なのです。けど、ライトボックスとか買う金はない。熱帯魚用に余っているライトで、ライトボックス自作しろということでしょうか。設計図書いてみるかなぁ。

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links