Phantasy Garden

半年とちょっと前くらいに愛用していた腕時計をぶち壊してしまい、それ以来腕時計を一切つけない生活を送っていたのですが、さすがにちょっと不便かなと思い始めているspherewindでございます。携帯電話があるからいい、ってわけでもなく、むしろ携帯電話は閉じた状態だと何も確認できないという3世代くらい前の携帯電話なので時刻確認には不便だったりします。そもそも携帯電話で時刻確認というのはどうも性に合わないみたいで。さっと時刻を見て次の行動を決定するのがどうやら管理人流のようです。ただ時間に厳しいビジネスマンみたいな印象ではなく、どちらかといえばぎりぎり限界まで〆切りを伸ばそうとする漫画家みたいな感じですが。意味不明だよって方、お察しください。それでいいのかというツッコミも不許可の方向で。

閑話休題。で、ヤフオクなどで時計のカテゴリを見て周っていたわけですが、個人的にはG-SHOCK系が合っているようです。耐衝撃構造・タフソーラー・電波時計の3種は機能的に欲しい。メンテナンス不精な俺としては、電池交換不要・時刻自動修正機能はすっごくありがたいわけで。あとは旅とかダイビングとか旅とか旅とか割とハードな行程をともにしたりすることもあるので(以前の時計はダイビングに持っていって壊してしまった)、耐衝撃構造のタフネスさはウェイトが大きいわけですよ。というか必然的にこの前提条件だとG-SHOCKが一番よかろ~と思うんですが。

最初はダイビング中もつけっぱなしでいける200M防水潜水時計にしようかと思ったんですが、だいたいにおいて潜水時計には電波受信機能がないようです。タフソーラーや耐衝撃構造はありますけど、電波受信機能か潜水機能かと問われれば、日常的に使用することとダイビングでは腕時計型ダイブコンピューターを使用するという観点から、電波受信機能に軍配が上がりました。なのでやはり最初の基本3種の機能に重点を置いて探すことにします。防水機能は生活強化防水の20気圧防水で充分ということで。

しかし、カタログを見ていると色々な機能がついた高性能時計が欲しくなってきたり。どっちかというとデザイン的にデジタルよりアナログが好きな漏れは、『The G』のデジタル+アナログ系がよさげな感じ。値段が2万前後が中心だから、10月を切り詰めれば何とか……とか考えている自分がなんとなく所帯じみてきて鬱。orz

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links