Phantasy Garden

…………いや、なんとなく衝動買いって気分の萎えも早いというかなんというか。(ぉ)
一日イラストレーター10をいじっていて分かったんですが、扱いが難しすぎ。素人にはお勧めできない。(ぇ)
冗談でもなんでもなく、ホント直感的な操作ができないのでめちゃくちゃ頭を悩ませてくれます。クイックガイドだけでは分かりにくすぎなので、クソ分厚いユーザーズガイドも読破しました。
それでもねぇ……分からんものは分からん、というところですかぃ。(爆)
イラストレーター10を扱った感想としては、期待通りの気分が半分、当てが外れたすかし気分が半分、という感じで。(謎)
意味不明ですが、その説明の前置きにちょっとした小話を。
みなさんはペイントソフトとドローソフトの違いをご存知ですか? 日本人的な感覚からすれば、PaintもDrawも似たようなもんですが、言うからには違いがもちろんあります。
ペイントソフトは説明が簡単です。Windowsなら標準でMSペイントというソフトがあるでしょう。それが代表的なペイントソフトです。
だから直感的にも分かると思うんですが、直接ペタペタと色を塗る感覚で扱うことが可能なのです。それがペイントソフト。
対してドローソフトというのは、ベクトルの概念に基づいた方法において図を表示します。なんか難解っぽく聞こえるのは管理人もいまいち理解が及ばないところがあるので。(爆)
ペイントソフトはドットに一つ一つの色があります。それが集合して図になるんですが、ドローソフトはベクトルという方向性を持った線を描くんです。
ぱっと見にはどちらがどちらかは判別不可能でしょう。そもそもパソコンの表示自体がピクセル(ドット)表示ですから、いくら線といったところで単なる点の集合にしか見えません。
結果は同じですが過程が違う、とでもいうんでしょうか。ドットの画像(ビットマップ画像)は点に対して情報を定義します。ベクトル画像は線に対して情報を定義します。
勘のいい方ならドローソフトの操作が分かってきそうですが、線に対しての情報ですから線の変形などが非常にやりやすいんです。ちょっと描き方をミスっても修正可能。
まぁミス修正程度ならペイントソフトでもできますが、ペイントソフトはあくまで点が中心。線を書き直すにしても、それぞれ一つずつの点を修正しなければなりません。
とくにペイントソフトの場合、修正は特別な配慮をしていない限りソフトを終了した時点でアンドゥ(やり直し)情報も削除されます。そうなると、線の修正などが非常に困難になるときがあるでしょう。
ドローソフトはもともとがベクトル画像であるため、そんな配慮が必要ありません。最後の完成になって最初に書いた一本の線が気に入らなければすぐに修正できます。
イラストレーターはドローソフトです。これは管理人のCGの描き方においては、主線のトレースで非常に使えます。ベクトル画像のほうが都合がいいのは、すぐに察するところでしょう。
が、逆にその利点が次の着色という工程において欠点になってしまうんです。ベクトル画像においての着色とは、曲線で囲んだ中を着色するという方法なので、フォトショップに慣れた管理人にはすごく難しい。
とくにグラデーションのような細かい操作になると、とてもベクトルでは描ききれません。(^^;)
Web上のイラストレーター系を使った作品を見ていても、やはり広告のようなアートワーク的デザインのほうが多いようですね。これが失策でした。
何度か色塗りを試してみたんですが、主線のトレースのときほど便利さを感じられなかった、というのが正直なところです。やはり、塗りはペイントソフトのほうが分がありますかぃ。
なので混合技『主線をイラストレーターで作り、着色をフォトショップ』でがんばります。(笑)
でもそうなると、やっぱりペインターも欲しいんですよねぇ……。フォトショップと争う有名ペイントソフトが。絵描きさんの中でもフォトショップとペインターのどちらかの人が圧倒的なわけで。
でも…………でも…………アカデミックパッケージでも、34000円はきついよペインター
お金を……………………ください………………………………ぐふっ。(吐血)

なんとなく昔に聞いたような覚えのある格言(?)を思い出しました。

初心者は道具にこだわり、中級者は技術にこだわり、上級者は己の信念にこだわる。
だが、はじめは誰もが初心者なのである。

ペインターもイラストレーターもフォトショップも欲しがった(欲しがってる)管理人は、どうやらまだまだ初心者のようです。(^^;)

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links