Phantasy Garden

ハードディスク、ぶっ壊れました。なんというかもう、バカかと。アホかと。
ちょっとロシア式修理方法を真似して、shakingした程度で不具合起こしてんじゃねーよ。ボケが。
重要データだよ、重要データ。なんかダメだしで、ファンも直らないし。
『ぎゅいー、ぎゅぎゅぎゅ、ぎゅぎゅぎゅいーぎゅ』とか。もう聞いてらんない。
HDD、電気はまともに送ってやるから素直に動けと。
…………アレ風味で書いてみたわけですが。ほんと、いいかげんにしてほしいっス。
まだBIOSからMBRにアクセスがいってないはずなのに、そこで電源落としただけでフリーズて。あり得ないよ、あり得ない。
いやまぁ……ロシア式シェイキンはちとまずいかなーとか思いつつも効果的な方法が思いつかないわけで。
あまつさえ取り出したHDDを思いっきり金槌で叩き割ってやりたい衝動にも駆られるわけで。
さすがにねぇ……。こっちにも我慢の限界というのがあるのよ、俺も人間だし。聖人君子のような立派な人格者じゃないし、というか機械に対等な人格を求めるほど陶酔してもいないし。
けどね。やっぱり道具ってのは、道具の機能を満たしてこそ始めて道具といえるものではないのかね。HDD君。
キミは全然仕事ができてないよ……。富士通製HDDは半年で逝かれるとか実しやかにささやかれているけど、キミはMaxter製でしょ。一年近くにはなるけど、ンな脆弱なHDDじゃないはずだよキミは。
確かに一時期放熱対策ができなくて困らせたこともあると思う。けど、そのときはケース開放して扇風機で涼をとってあげたじゃないか。それで満足できないのキミは。放熱に関してもSeagate製ほどひどくはないはずなのに。
他にもね、11111事件がおきたり、バックアップ不良事件が起こったり、いろいろあってHDD初期化→OS再インストールを15回もやり直した8月の悲劇も生じたわけだよ。そのときにキミを酷使してしまったのは悔やんでも悔やみきれないことだったんだ。
けどその仕返しがOS再インストール拒否ってのはあんまりじゃないかい。え、20回の大台にはいきたくないって?
…………甘ったれたこといってンじゃねぇ
こちとら日々データ消失の危機とも戦いながら、いかに情報を駆使するかに精一杯だってンだよ。あぁ?
バックアップもしっかり行って不慮の事故に備えてるし、知識も身に付けてサルベージや修復の方法も学んできたんだ。
だけどそれらはあくまで最終手段。消えないという保証があれば、そんなものは要らない。
だから、お願いだ。少しはまともに動いてくれ

…………日々の憂慮から暴力的な表現が多分に含まれていたことをお詫びいたします。(_ _;)
しかしアレですね。実はWin98起動ディスクは究極ツールではなかったですね。パーティション削除でも効かないし。
やっぱり時代はエラーチェックです。回復コンソールと並んで、修復作業に関して無料・最強ではないでしょうか。
いやまぁ……富士通最終兵器FINALDATAには負けますけど。アレはまたちょっと方向性が違うので、今回はエントリー不可ということで。
んでそのエラーチェックなんですが、先日作成したWin2000のバックアップHDDから起動します。OS管理下のソフトだしね。
メインのHDDがフリーズ後に、試しにマスタとスレーブを入れ替えて、エラーチェックを行ったんですよ。そしたらなんか楽勝で復帰してくれました
いやほんとあんまり期待はかけてなかったんですが、ほっといたらログイン画面が表示されてました。つまりブートに成功です。
つーことはやっぱり論理障害だったというわけですな。物理障害がエラーチェックで直るということはないでしょうし。
上機嫌で動かしてると、新しい更新の表示(Win2000/XPではシステム自動更新機能があります)が。Microsoftが何か更新をしたんでしょう。
この新しい更新の表示というのは便利なんですが、ちょっとDLしたらまたすぐに隠れるというなんとも謎な行動をとってくれるアプリでもあります。
たぶん必要以上にネットワーク帯域を占有しないようにという配慮なんでしょうけど。別にそれは大して気にならんのですが、むしろさっとDLしてくれないとセキュリティホール更新の場合余計に気になる。
話が逸れましたが、そういうわけで通知だけ行うことにして、通知があったら自分でUpdateすることにしてるんです。
システムに関する更新の場合、だいたいはインストール後に再起動が必要なので再起動。というか保存しなくちゃならないのがあったので、手動で終了することに。
面倒なので選択せずに表示されたシャットダウンでOKボタン。電源が落とされます。んで間髪入れずに起動。
そのとき、やかましい音が辺りの静寂な空気を打ち破ってこちらの鼓膜を劈くように襲ってきた。またか……。こっちもいいかげんにして欲しいものだが……。
電源落として、投入しての繰り返しでとりあえず黙らせます。さっさとファンを変えたいんですが電源コネクトが特殊な形状で、かつ4センチ四方のファンというのはなかなかなくて……。
しかし、またもやピンチ。あの青いバーフリーズ発生。もう誰かタスケテクレ…………。
とはいうものの誰かが直してくれるわけでもないので、さっきと同じ手順を同じように踏襲してさっさと電源投入。いいかげんにしてくれ。
が、このときひとつだけやり忘れていたことがあったんです。それはマスタディスクをいれているリムーバブルケースに電源スイッチを入れていなかったこと。
このリムーバブルケースはロックと電源スイッチをかねているようで、スイッチをスライドさせて取っ手をロックすると電源がHDDに流れるという構造らしいですが。
そのスイッチを入れるのを忘れていたのです。しかもそれに気づかないまま本を読む作業に没頭します。
数分たって画面を見ると、なぜかログイン画面が。この時点で、「あれ? 俺何をしようとしたんだっけ?」と疑問が浮かびます。(苦笑)
少し思い返すのに時間がかかりましたが、エラーチェックもしてないのにHDDが復活したということは了解。理由は不明でしたけどね。
つか他にも原因があるんじゃないかと全てのパーティションに対してエラーチェックを行ってやりました。意地です。時間かかりますけど、HDDごときでもう時間は取られたくないッス。
ま…………その努力が功を奏したのか、今はもう安定してます。ファンがやかましいのは相変わらずですが。

二回連続でなんだか冗長的な文章になってしまいました……。
でもほんと、最近は不具合が嫌になります。HDDも消耗品といわれるほどに消耗が激しくなってきていますから、寿命も2年程なのかもしれませんけどね。
システムディスクはビデオ編集・キャプチャ等はしてないので負荷は少ないはずなんですけどねぇ……。分からないことを論じても詮無いことです。
では、今日はこの辺で~。

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links