Phantasy Garden

ここしばらく、暇があればネットの中では有名とされるところ(2ちゃんねる、侍魂等)でいろいろ学んでました。
そんな各所で人気を集める巨大サイトを巡っていて気づいたのは自分の浅はかさ。(涙)
中でも侍魂を筆頭とするテキストサイトは、ここを運営していく上でもかなり参考になります。
なんというか――――すいません。オレ、あそこまで私生活をぶっちゃけるなんてどう考えてもImpossibleです。
「…………それってそーゆー管理人さんたちに喧嘩売ってンのかい?」
ンな大それた真似ができる訳なかろう、ウィス。曰く、日記とは管理人が生活を書いたものであり真実にはあらず。
「…………? 意味がよくわからないんだが……」
つまり、自分が公開していい範囲を決めて書いているわけだから、本当に管理人にとって不利益なものとは公開しない、むしろできないものであると。
それに素直に納得するとともに、その人たちの大きさを知った。よくもまぁ、ここまで……というのが素直なとこだが。
「……多分それは解釈の違いによると想うんだけど…………」
むぅ…………まぁ、それもあるかもしれん。だけど凄いものは凄い。素晴らしいものは素晴らしい。それが素直とも言うではないか。
あの人たちは確かに凄いと思う。けど、だからといって自分自身を卑下する必要もない。『You are you, and I am me.』と。激しく間違っている気もするが。
「『Yourself is unique, so am I.』のほうがいいか……? と、それ以前に何ゆえ英文」
そりゃ明後日の模試――正確には明日の模試の英語対策用に英作文の練習を行っているに決まっているぢゃないか。
「……こういったところで、その器の違いが出そうな気もするんだが」
まぁな…………正直、人を笑わせられるテキストを書く技術は、トップテキストサイトでは全部一流だからな~。
俺もたまに自分自身が書いてきた日記を読み返したりはするが、笑うことなど滅多にない。
「…………自分の人生を振り返ってみて、それを笑ってしまうようなことがあればそれはそれで問題があると思うのだが」
…………痛いところをつくなチクショウ。確かにこの手のものは、自分で読み返したところで笑うことは少ないと思うけど。
要するに、そういう人たちにはそういう人たちの、俺には俺のやり方がある。
たとえ笑えなくとも、面白くなくとも、人を惹きつけられるサイトになりたいのぅ。
「…………本能的欲望を満たすようなものは除外として、一体何があると?」
……なんかあるかな。
「待てオイ。ただ単に希望的観測を述べてるだけじゃないのか、それって?」
そうともいう…………。まぁ普通のサイトで、面白くも何ともないサイトにはリピーターはほとんどつかないのは明白だナ。
「それは当然のことだろう。ここがいい例だ」
そこであんまり引き合いに出して欲しくないけど……。他を出すのは失礼だし、むしろ日に数カウントしかしてないんだから全くもっての妥当な表現というべきや否やといってもそれが一番痛い現実なわけだが……。
「いつも思うのは、そうまでして嘆いておきながら全く宣伝活動を行おうとしない事実なんだけど……」
う~む…………それはただ単に面倒サーバ回線がISDNなので、あんまり人を呼び込むのものぅ……。
高速で繋いでいらっしゃる人もいるわけだから、やはりオーナーとしてはできるだけ接続の苛立ちを軽減させたい、という思いからして。
加えて入試時期という重なりと、それに伴う更新速度の低下という運営には全く不向きな風向きだからなぁ……。
「それは言えるけど……いきなり数が増えるわけでもないし」
それでも充実したものを見てもらいたいし……。来年の春が実際の復帰時期――というか、今はもうほんと更新ピンチ。
「あんまりそうは見えないところが虚しさを醸し出しているけど」
…………しくしく。(涙)
「でも実際見えないプレッシャーっていうのもあるし、中学のころはそれでストレス性胃炎も起こしかけたほどだし、何とかなると思うぞ」
……前後で文意が逆転しているような気がするのは俺の気のせいだろうか…………。
けど、運営が面白くなくなったら終わりである、という教えの元に、あくまでも楽しんで続けていきたい。
「それが一番いいだろうな。実生活を脅かさない程度にな」
うむ。んじゃ時間も切れてきたので、この辺で幕引きとしようか。
ではでは、今日はこの辺で~。
「微妙に書き方が変わってきているのも、何処かのサイトの影響かな…………」
……………………(汗)

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links