Phantasy Garden

あろうことか、数学の試験でパニックを起こしてしまいました。問題量を蓄積してないツケが回ってきたようです。問題を見間違えるなんてアホなことを……。
「普段から適当に済ませていた罰だナ。いい薬になったダロウ」
レイか……。これが本番だと考えたら、ちょっとぞっとするな。さすがに今回ばかりは自分の不甲斐なさに呆れたぞ。
「呆れるのは勝手ダガ、その後行動を起こせるかどうかが鍵ダロウヨ。今までの統計からすると……可能性は半々といったトコロカ」
一年のころを思い出すのぅ。一ヶ月間みっちりと数学をやって盛り返したこともあったが、その後はずっと惰性だったな……。いい加減目を覚ますときがきたのかもしれん。
「ホゥ…………珍しく感情が昂ぶってるナ」
他人との諍いで怒ることはあんまりないけど、自分の不甲斐なさで怒ることはよくあること。どうにもこうにも、最近は周りの雰囲気に流されて自分自身をも堕落させているのに気づかなかったようだ。
「……相当効いたようだナ」
当然。問題を見間違えて得点2割を落とすなぞ、いかんともしがたい失態にきまっとろぅ。それに焦ってパニックを起こすようではまだまだだ。
「やる気を出すのはいいことダガ…………果たしてここからやって間に合うかドウカ」
間に合う間に合わないの問題じゃない――間に合わせるんだよ。確率の話でなくて、決定事項だ。
「………どこかで聞いたような科白だナ…………」
ふっふっふ…………それくらいキレとるというこった。
「意味がわからないゾ……」
そして! これより我らは修羅に入る! 人と会っては人を斬り、鬼と会っては鬼を斬り、神と会っては神を斬れ! 恨み募りし仇敵を倒すべし、いざ参らん!
「どこ行くンダ…………って、何ゆえ複数形」
モチロン思考経路を共有しているキミタチモ・・・・・とイウことダヨ……。
「……本気で思考がオーバーフローしてるナ…………」
脳は極めて冷静かつクリアーな状態だ。とりあえず、次の勉強目標デストロイド・ポイントは一週間後の模試。
「破壊しちゃまずいダロ…………何か間違ってナイカ?」
単なる気合いの入れ込みようを表現しているだけだ。
「…………とてもそれだけとは思えんノダガ…………。その間の日記はどうするツモリダ?」
もちろん、できる限り書いてはいく。もはや日課だし、結構これって文章力つけるのに役に立つんさ。
「それは言えるかも知れないナ…………。とりあえずあまり肩に力入れずに行ったほうがイイダロウ」
まぁな。では今日も英語の課題ターミネイト・ターゲットがあるので、幕引きにしようか。
「やたらルビを振ってるのも気合いの入れ込みナノカ…………?」
一理はあるけどな。ではでは、今日はこの辺で。
「また次に会オウ」

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links