Phantasy Garden

なんかとことん運がない一日でした。
「…………いやそれだけだと意味不明だろ……。もうちっと説明をつけたほうがいいんじゃねぇか」
分からんことをなんでもほいほい聞くんじゃなく、自分で考えることも必要だろ、クロヴィス?
「考えて分かる問題じゃなかろ」
ぬぅ……バレたか。
「確信犯かオイ」
まぁ冗談はともかく。朝の登校時、兄がマイ自転車の鍵をどっかにやってしまって大騒ぎ。結局数分後に見つかったものの、時間はすでに8時15分。始業は8時40分。自転車だといけるかどうかの瀬戸際なんですが、親が車を出すということでそっちに乗り込みました。しかし国道やら一般道路の信号にことごとく引っかかる始末。これでもかってくらい信号に引っかかりまくりましたね。親父いわく『マーフィーの法則』だとか。
「…………マーフィーの法則はなんか違う気がするが…………しかしある意味壮絶だな」
いやむしろ壮絶なのは送っていた母親のほうだったが。当人はなんらやることないし、のほほんと過ごすしか……。結局ぎりぎり38分ごろにつき、なんとか始業には間に合いました。けどそうなると自転車のほうが早かったような気が……。
「…………お前の自転車の速度は、一体どれだけ出してるんだ?」
いや、そうじゃなくて車で信号に引っかかりすぎていたのだ。自転車だと裏道横道なんでもありだが、車は、通常時ならともかく朝の渋滞しまくってるときとかに裏道回っていたら、大通りと合流するときに手間取るからな。
「そんなもんか? そういえばお前の通る道って、極端に交通量の低いところが多いな……」
排気ガスが嫌いでのぅ。好きな人もいないと思うが。なるべくクリーンな道をいきたいってのもあるが、なによりそっちのほうが安全だしな。冬は17時を回ると遠くに街灯が一個見えるだけ、って言う道も……。
「…………あぶねぇなオイ。それでよく事件に巻き込まれないもんだ」
……ンな頻繁に巻き込まれるような場所があったら、命がいくつあっても足りんと思うが……。そんな場所はさっさと警察の手入れが入ってるだろ。
「……まぁそうかもな……。んで、厄日ってからにはほかにもなんか不幸があったんだろ?」
なんでそこで苦笑を浮かべるのかが分からんが……。う~ん……たとえば掃除当番でゴミ出しにあたってしまったり、さらにゴミの分別がなってなくて十分以上も待たされてしまったり、そのせいで電車に乗り遅れたり、連鎖反応で乗り継ぎの噛み合わせが悪くなって帰るのが一時間以上も遅れたり……。
「………………根本的な原因はゴミ出しに当たったというところみたいだが」
だからそんな他愛もないことで他が全部ずれていってしまったから、厄日だってンだ。さらに元を辿れば、朝に鍵紛失なんて起こったから自転車が使えず、電車で帰ることになったんだし。
「それじゃ最終的に、狂いだしたところはお前の兄が原因か?」
というか、その兄も関東に帰る日だったのだが、高速でバイクのナンバープレートが外れたとかタイヤがパンクしたとか不吉なことばかり聞いたんだよな。
「…………じゃ、やっぱりその通りじゃねぇか」
まぁ…………身内の悪口ってのもどうかと……。実を言うと今日はちょっと昨日の疲れで起きるのも遅かったから、自転車の鍵がないことに気づいたのが遅れたのだが。
「…………んじゃ、お前も一枚かんでるわけか」
さぁ…………どっかで歯車がずれなければってそんな話してもしょうがないけど。高速は結構トラブル多いし、ナンバープレートはともかくタイヤのパンクはザラだからな。あとはオーバーヒートか。珍しいものでもないんだけど。
「なんでンなこと分かるんだ?」
昔は里帰りに700kmもの道のりを高速使って、というか車で行ったからな。北陸自動車道を通って東北の実家まで行くわけだ。そのころは磐越自動車道が出来てなかったから、新潟の燕三条あたりで高速を降りて、あとはひたすら一般道。とくに冬は路面が凍結するからスタッドレスタイヤは必須だし、場合によっちゃチェーンも要る。そういう艱難辛苦を乗り越えて、俺たちの帰郷は完結するのだ。
「……なんでそこまでハードなのかが分からんが」
いや、それは俺も知らんけど……。でもまぁ、俺はもともと東北生まれで北陸育ちだから雪には慣れてるし、タイヤ交換のために外でいろいろ手伝うのもどうってことなかったから。むしろ楽しんでいたかと思ふ。
「たしかそのあたりは小学生のときだったろうからな。それは分かるけど」
東北の豪雪は凄いぞ。最近はあまりないらしいが、冬になると一階は完全に埋没して、二階の窓から外にいくらしかったのだ。で、一階にいると上のほうから雪を踏み締める足音がざっざっざっ……と。
「………………それは本気で生活に苦労しそうだ」
そりゃするだろうよ。だから雪の楽しさと同時に怖さも知ってる。自然の一部なんだから、ただ綺麗だって眺めるわけにもいかんのだ。
「なにか体験したような言い方だな?」
いやぁ、雪降ろししててまともに雪に埋まったって経験があってのぅ。幸い凍傷も何もなかったけど。
「…………意外とタフだな」
嬉しくないやい。ンなこといわれても。
「…………まぁそれはいいが。そろそろ時間だな」
うむ。最近は平和に終わることが多くて、満足じゃ。
「平和ってーと、どんなもんだ?」
俺が暴力を受けない。
「…………たぶん天罰は下るだろ」
…………思い当たるフシがあるから反論できんな。
「あるのかオイ」
いやぁ……そりゃ生まれたばかりの新生児ならともかく、普通の人間は、過去からやましさを一つも持ってないとか言う人は皆無だと思うが……。
「…………なんか解釈がずれてる気もするが……」
ンなことはともかく、今日は幕切れにしよう。眠い。
「結局それか……」
ではでは、今日はこの辺で~。
「また会おう」

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links