Phantasy Garden

これ書くと、オフの友人らに「やっぱりか(笑」と言われそうなんですが(^^;
授業で使った課題文なのですが、その話がいたく気に入ってしまい……
ネット使って作者名、出版社名、発表年月日等、諸々を調べてしまいました(笑
得た情報によると、椎名誠、新潮文庫「鉄塔のひと その他短編集」、1997年秋となってます。
というわけで明日にでも探しに行こうかと(^^
かいつまんでその話の内容を語れば、とある男が偶然見つけた鉄塔の上で、
自給自足の生活を始めるというちょっと変わったお話なのです。
その話がなんだか子供の頃の秘密基地のような温かさがあり、読んでいてすごく共感してました(^^
こういった生活をしてみたい、といつか書いていた気もしますが、それを見事に体現してくれてました(^^
それがこのお話を気に入った理由でもあるんですが、朝日の昇る連峰、とかいうのも非常にいい感じです。
椎名誠さんの作品は、素朴でちょっとした暖かさが好きです。
初めて見た作品は「モンゴルの地平線」だったかな……記憶曖昧です(^^;
鉄塔のひとを読んでる間は、なんだか夢見ごこちな時間でした(^^
さ~、明日は本屋にいかないと~(笑

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links