Phantasy Garden

星の降る夜 海岸で海を眺めていた
明かりも何もない 静かな浜辺
潮騒を子守唄 草を枕にして眠りにつく
一人ぼっちの寂しいときも 我を忘れて怒った後の虚しいときも
ここにくれば気持ちが落ち着いた
仰向けになって 遥かな空の彼方を想うと
霞んだ瞳の中に 流れ星が一つだけ流れた



私が悪うございました
調子に乗って遊びすぎました
ごめんなさい。謝ります。泣いてもみます
だから・・・だから、時間を返してください!

・・・傍からみると、かなりの間抜けですね・・・
でも、叫びたいんですよ!? 時間がないんですよ!?
と思いつつ、パソコンの電源を入れる私・・・
せめて日記だけでも・・・とおもってやっていると
いつのまにか三時間も過ぎていました・・・
すいません。本当に時間返して欲しいです・・・

Comment

名前:

機械的スパムを防止するための検証です。以下の画像に書かれている文字列(半角英数字)を入力してください。
Captcha Image
認証:

Information

About this website

サイト名『空想庭園』。御巫 悠が自由気ままに運営しているサイトです。役に立たないコラム書きがメインなのかもしれません。

本サイトはクリエイティブ・コモンズ表示4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

Recent Weblog

Recent Comment

Weblog Search

Weblog Category

Friend Links